So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ちよっと千代田区 ブログトップ
前の10件 | -

名工の明治~昭和~平成~次世代 [ちよっと千代田区]

CIMG4996.JPG
CIMG4973.JPG

緑が美しい北の丸公園内に
赤煉瓦のゴシック風建物がひと際目をひく

明治43年に近衛師団司令部庁舎として建設された国の重要文化財

CIMG4619.JPG
              「東京国立近代美術館工芸館」千代田区北の丸公園1-1



館内には明治以降に制作された伝統技術を継承する
精巧な作品をはじめとする工芸品が収蔵・展示されています

CIMG4610.JPG




CIMG4556.JPG
           「鳩桜花図高浮彫花瓶」/初代宮川香山 明治4~15年 陶器




CIMG4267.JPG
CIMG4284.JPG
                「銀製置物 蓑亀之彫刻」/香川勝広 明治41年 銀・彫金
長寿の象徴として珍重される蓑亀と子亀を
銀鋳造で造形し彫金技法で写実的な表現を加えた作品
ロンドンで開催された日英博覧会に出品され金賞を受賞しました。




CIMG4285-2.jpg
         「彩金三ノ鼓並雲鶴紋打敷」/海野清 昭和4年 朧銀・彫金・象嵌




CIMG4592.JPG
                   「陶彫 印度象」/沼田一雅 昭和25~29年 陶器




CIMG4503.JPG
            「彩瓷柿文壺」/石黒宗麿 昭和34年 陶器
壺全体に掛けられた白い化粧土のうえに
赤茶と黒の二色の模様が自由闊達に走っています。
前衛的な抽象画のようにも見えますが
描かれているのは五段に張った縄に絶妙な配置で吊るされた柿の実
赤茶色の筆跡がにわかに美味しそうに見えてきます。




CIMG4531.JPG
            「紅地金襴手菊花文飾壺」/加藤土師萌 昭和36年 磁器





CIMG4506.JPGCIMG4510.JPG
                         「古鏡」/堀柳女 昭和38年 桐・木彫・木目込




CIMG4607.JPG
CIMG4604.JPG
         「色鍋島緑地更紗文八角大皿」十二代今泉今右衛門 昭和49年 磁器
今泉今右衛門家は代々鍋島藩の御用赤絵師を務め
明治期に入って藩窯が廃止された後も十代が新たに窯を築き
その高い技術を守り伝えてきました。
十二代は鍋島焼の再興を目指し従来の色鍋島の意匠にはなかった鍋島更紗を翻案し
新たな創作模様として取り入れました。




CIMG4525-1.JPG
               「燿彩鉢 創生」/三代徳田八十吉 平成3年 磁器
伝統の青手古九谷の四色(紫、藍、緑、黄)の釉薬を
同心円状にグラデーションをつけて施した作品。
浅く大きな鉢の見込み中央から外縁へと鮮やかに色が広がり
清廉な魅力を湛えています。




CIMG4543.JPG
「打込象嵌花器 新緑」/奥山峰石 平成13年 朧銀・赤銅・打込象嵌・鍛造




CIMG4541.JPG
CIMG4538.JPG
               「沈金飾箱 緑風」/鳥毛清 平成23年 漆・木・金・沈金





帰りに工芸館の近くの国立公文書館へ何気なく寄ったら

CIMG9152.JPG

公文書館で収蔵されている「平成の書」のクリアファイルが販売されました ☆
CIMG4630.JPG

これを掲げれば、あなたも小渕さんになれる! らしいです♪



nice!(39)  コメント(7) 

長閑 ‐のどか‐ [ちよっと千代田区]

CIMG4517.JPG
CIMG4595.JPG





CIMG4513.JPGCIMG4516.JPG
CIMG4511.JPG
      「長閑」/平田郷陽 1958年 桐、木彫、木目込


平田郷陽は、生身の人間に見えるほど克明は写実表現に徹した生き人形造りを
父の初代平田郷陽から学びました。



本作では、真っ白な胡粉塗りによる顔や腕のつるりとした艶やかな質感と、

大胆に簡略化されて一つの量塊となった身体と小袖が、
写実を超えた確かな存在として表れています。

CIMG4600.JPG

大きく伸びをする女性の優美な仕草の背後には、
ゆるやかな時間が情感豊かに漂います。
                   ‐作品キャプションより‐




CIMG4618.JPG
                「東京国立近代美術館工芸館」千代田区北の丸公園1-1


nice!(47)  コメント(6) 

名工の明治~十二の鷹 [ちよっと千代田区]

CIMG4587-1.JPG



CIMG4475.JPG
CIMG4455-3.JPG

本物と見紛う 超絶技巧 が、世界の人々を アッ と驚かせた

CIMG4569.JPGCIMG4568.JPG
CIMG4446.JPG

明治26(1893)年、アメリカで開催された

シカゴ・コロンブス世界博覧会で発表された《十二の鷹》

CIMG4466.JPG
CIMG4462-1.jpg


明治時代の鋳金家・鈴木長吉の代表作のひとつです ☆

CIMG4581.JPG
CIMG4585.JPG



CIMG4390.JPGCIMG4314.JPG
CIMG4402.JPGCIMG4351.JPG







CIMG4343.JPG


CIMG4327.JPGCIMG4482.JPG
CIMG4486.JPGCIMG4207.JPG
CIMG4315.JPGCIMG4202.JPG
CIMG4341.JPGCIMG4458.JPG


鷹の止まり木、鉾垂れより漂ってくるそこはかとない威厳

CIMG4393.JPG


CIMG4365.JPG
CIMG4213.JPG




ちょうカッコイイ!しびれる背中 ガッチャマンみたい ☆

CIMG4459.JPG




CIMG4378.JPG

CIMG4376.JPG


CIMG4201.JPG
      名工の明治 2018.3.1~5.27/「東京国立近代美術館工芸館」千代田区北の丸公園1-1
  
                        
nice!(41)  コメント(8) 

お濠淵ぐるりの桜~千鳥ヶ淵 [ちよっと千代田区]

CIMG4117.JPG

靖国神社の桜の開花宣言から数日経った、うららかな午後

CIMG3843.JPG

皇居西側のお濠沿い
桜の名所、千鳥ヶ淵へ行ってきました

CIMG3832.JPG

武道館の大きなタマネギの下も、5分咲きほどの桜の木々に彩られて sakura.gif

CIMG3798.JPG

千鳥ヶ淵の名前の由来は
かつて半蔵門あたりまで広がっていた濠が

羽根を広げたチドリに似ていることからといわれているのだそうです

CIMG3899.JPG


CIMG3904.JPG
CIMG3887.JPG


CIMG4096.JPG






千鳥ヶ淵といえば

一箇所、どうしても忘れてはならない場所が...

CIMG4145.JPG

大東亜戦争において海外で亡くなった
36万余柱のご遺骨が奉納されている ”無名戦没者のお墓” です

CIMG4158.JPG
            「国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑」千代田区三番町2


CIMG4146.JPG

桜に浮かれる季節のなかで、手にとる菊花が胸にせまります



CIMG4151.JPG

                戦なき世を
                    歩みきて思ひ出づ
                  かの難き日を
                      生きし人々  今上陛下

nice!(39)  コメント(4) 

ゆるい雪だるまフェア [ちよっと千代田区]

CIMG2694.JPG

群馬県つま恋村から80トンの雪が運び込まれ
靖国通り沿いの歩道に雪だるまが立ち並ぶ

日本屈指のスポーツ店街、神田小川町の冬の風物詩として親しまれるイベント

CIMG2742-1.JPG
CIMG2813.JPGCIMG2812.JPG





第17回「神田小川町雪だるまフェア」が2018.1.20(土)・.21(日)開催されました snowman3.gifsnowman4.gif


香々シャンシャンの
CIMG2693.JPG
CIMG2688.JPG
西郷どん登り



群馬が誇るぐんまちゃんのトレードマーク
CIMG2674.JPG
CIMG2830.JPG
緑いろの帽子は緑いろのザル でした



戌年は戌笑いでが笑いが止まらない
CIMG2756.JPG
CIMG2768.JPGCIMG2759.JPG

 資産運用のご相談は
     みずほ銀行/神田支店 まで





神田のパンダ「カンカン」
CIMG2681.JPG
CIMG2680.JPG
待ち時間0分



お、ワンコの足元に神社が !?
CIMG2714-1.JPG
CIMG2708.JPG
受験生でなくともおもわず手を合わせ合格祈願したくなりマス・・☆



気に入った雪だるまに一票投じることのできる
雪だるまコンテストで

CIMG2710-1.JPG

悩んだ挙句
わたしはこの張り子犬の雪だるま押しってことで投票して参りましたsnowman6.gif

CIMG2711.JPG


nice!(48)  コメント(6) 

煌めく花のクリスマスツリー [ちよっと千代田区]

CIMG1435.JPG
CIMG1370.JPG

12月の冷たい空気が肌を刺すようになると

街は、キラキラと煌めいて

CIMG1423-1.jpg
CIMG1425.JPG

クリスマスイルミネーションに幻想的に彩られます
                     xmas_bell.gif  
           
CIMG1418.JPG


CIMG1410.JPG
CIMG1407.JPG

丸の内の
丸ビル1階マルキューブに

フラワーアーティスト ”ニコライ バーグマン” 氏による

CIMG1360.JPG

高さ10m超の花のクリスマスツリーが登場しました

CIMG1380.JPG

もみの木ではなく
タケノコ型(?)の斬新なクリスマスツリー・・☆ whitey_s2.gif 

CIMG1415-1.JPG


CIMG1429.JPG
CIMG1433.JPG
            「Marunouchi Bright Christmas 2017」2017.11.9~12.25
                    「丸の内ビルディング」千代田区丸の内2-4-1



同じくフラワーアーティスト ”ニコライ バーグマン” 氏が手掛ける
花とひかりのシンフォニー「東京ミチテラス2017」が

2017.12.24(日)~12.28(木)17:00~21:00頃、JR東京駅前で開催されます☆

CIMG1374.JPG
CIMG1373.JPG

2017.12.7全面オープンし、ひろびろとした「丸の内駅前広場」から鑑賞する
東京駅舎プロジェクションマッピング

ものすごくいってみたいけどちょっと日程的にむずかしいので、とりあえずご報告まで。

nice!(36)  コメント(4) 

視線で花咲くアート展 [ちよっと千代田区]

CIMG1445.JPG

いま話題の人工知能 ”AI” と
アートのコラボ「視線で花咲くアート展」が

CIMG1470.JPGCIMG1493.JPG
CIMG1456.JPG

丸ビルと新丸ビルのあいだの地下通路にある
行幸(ぎょうこう)地下ギャラリーで開催されたので行ってきました

CIMG1438.JPG
            「視線で花咲くアート展」2017.11.13~.26
                「行幸地下ギャラリー」千代田区丸の内2-4-1



CIMG1319.JPG
              
        このお目メのところに立って

視線を動かすと、人工知能が人の視線を読み取って
視線の先にお花を咲かせるという....

CIMG1311-2.JPG
CIMG1318.JPG


そのうちにAIが人のこころを推し量り

CIMG1469.JPGCIMG1484-1.JPG
CIMG1446.JPGCIMG1485.JPG

”忖度”する日が来るのかなぁとおもったら


怖いような・・でも
いろいろと期待せずにはいられないような・・

CIMG1474.JPG
CIMG1478.JPG
CIMG1328.JPG
CIMG1444.JPG


nice!(39)  コメント(6) 

永田町1丁目1番地1号 [ちよっと千代田区]

CIMG0191.JPG

大型台風21号が接近中だった衆議院議員総選挙2017前日
国会議事堂正門の、はす向かいにある


憲政記念館へ行って来ました☆

CIMG0333.JPG
CIMG0342.JPG
               「衆議院憲政記念館」千代田区永田町1-1-1



ちょうど「幕末明治からのメッセージ」という企画展をやっていて

CIMG0208.JPG


CIMG0268-2.JPGCIMG0249-1.jpg

坂本竜馬が乙女姉さんへ送った通称「日本の洗濯」と呼ばれる書状や

CIMG0265.JPG
             坂本龍馬書状 乙女宛(複製)/京都国立博物館原蔵

寺田屋事件で龍馬の命を救った拳銃などが展示してありました

CIMG0247.JPG
        坂本龍馬愛用の拳銃 スミス&ウエッソンMODEL2 ARMI(複製)
              寺田屋で幕史に襲撃され応戦した際に紛失したため現存していない


吉田松陰が処刑前日に獄中で書き上げたという遺書もあって・・ 

CIMG0245.JPG
                      留魂録(複製)/松陰神社原蔵

じつは、ここ
憲政記念館(永田町1丁目1番地1号)は

江戸時代、近江国彦根藩井伊家の上屋敷があった場所で

CIMG0204.JPG

幕末のころには
安政の大獄で吉田松陰を捕らえ処刑した大老「井伊直弼」が
居住していた場所なのでした ★ 皮肉にも

CIMG0255.JPG




ちなみに「一丁目一番地」とは

最優先課題という意味で政界やお役所で使われることばですが

CIMG0285.JPG

衆議院本会議場では
当選回数の若い議員に割り当てられる演壇側の前列席を
「一丁目一番地」と呼びならわしてきたそうです

CIMG0278.JPG
                      「衆議院本会議場体験コーナー」



最後に
きょうお勉強してきた内容の、復習の意味をこめて
仙人が出す国会クイズに挑戦してみると、なんと「ランキング入り!」

CIMG0326.JPG

とおもったら1人中1番 ★  誰もクイズ・・やらないのネ



他にも、敷地内にある
百尺以上ある三面塔星型の「三権分立の時計」や

CIMG0203.JPG

全国の土地の標高を決める基準点「日本水準原点」を見学して帰りました 大雨のなか

CIMG0198.JPG
CIMG0195.JPG


nice!(32)  コメント(5) 

ニッポンの歩み~国立公文書館 [ちよっと千代田区]

なんだか見覚えのある、この「平成」は・・・

CIMG9153.JPG

昭和が終わった、29年まえ
元号を平成と改める法令が閣議決定して

竹下内閣の小渕恵三官房長官が TVのなか で掲げていた

CIMG9154.JPG

あのときの「平成の書」の、ホンモノ!




この資料が展示保管されているのが、ここ

CIMG9055.JPG
                 「国立公文書館」千代田区北の丸公園3-2

国立公文書館
日本国憲法など国の重要な公文書や江戸幕府から引き継いだ貴重な古書・古文書を
歴史資料として永く保存し一般の利用に供するための施設です

CIMG9188.JPG

「日本国憲法」昭和21年(1946)
CIMG9193.JPG
11月3日に公布され翌年5月3日から施行された日本国憲法の「御署名原本」。
天皇を国の象徴とし、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義を基本的原則とする
とともに、戦争の放棄、三権分立、国権の最高機関としての国会、地方自治の保障
などを規定しています。

CIMG9184.JPG





「民選議員設立建白書(序文)」明治7年(1874)
CIMG9162.JPG
CIMG9163-1.JPG
板垣退助や江藤新平らによって左院に提出された
議会の必要性を説いた自由民権運動の先駆けとなった建白書。




「日清講和条約」(下関条約)明治28年(1895)
CIMG9169.JPG

「日露講和条約」(ポーツマス条約)明治38年(1905)
CIMG9171.JPG




「オリンピック東京大会の準備等のために必要な特別措置に関する法律」昭和36年(1961)
CIMG9156.JPG
オリンピックの準備・運営経費の一部国庫補助や国有財産の無償使用
寄付金付郵便はがきの発行などが定められました。


「沖縄返還」昭和47年(1972)
CIMG9183.JPG
佐藤栄作首相とニクソン大統領との日米首脳会談が行われ
昭和47年5月15日に沖縄は日本へ返還されました。




「大東亜戦争終結ニ関スル詔書(終戦の詔書)」昭和20年(1945)8月14日
CIMG9195.JPG
CIMG9196.JPG
CIMG9197.JPG
この詔書は「終戦の詔書」と呼ばれています。
翌15日正午「堪え難きを堪え 忍び難きを忍び」の文言で知られる
いわゆる「玉音放送」として国民に伝えられました。





学生時代、歴史の授業はニガテだったけど
こうして現実の資料を目の当たりにしてみると

CIMG0356.JPG
CIMG0353.JPG

当時は意味もわからず丸暗記するしかなかった歴史の教科書が
意外にも興味ふかく

わりとすんなりアタマに入っていくような気がしたのは・・ 一過性のものでしょう たぶん★

nice!(36)  コメント(5) 

紀尾井町~花とビルと蝶 [ちよっと千代田区]

CIMG7052.JPG
CIMG7029.JPG

だるま落としのように縮んでいく解体工法で
静かに消滅していった、バブル経済の象徴「赤プリ」跡地に


2016.7.27にグランドオープンした超高層複合ビル

CIMG7014.JPG
CIMG7005.JPG
                「東京ガーデンテラス紀尾井町」千代田区紀尾井町1-2



東京メトロ南北線永田町駅9a出口と直結していて、雨の日も便利

CIMG7220.JPG
CIMG6957.JPGCIMG7222.JPG

ここにしか咲かない
 「マスターローズ」/川口昌亮





ここは江戸時代、紀伊和歌山藩徳川屋敷だった場所で

CIMG7020.JPG
CIMG7044.JPG

「紀尾井町」という地名も
タダモノでない威厳をかもしだしてるなあとおもってたら

当地に屋敷を構えていた紀伊徳川家の「紀」、尾張徳川家の「尾」、彦根井伊家の「井」
各家の文字を一文字づつとって名づけられたということです

CIMG7056.JPGCIMG6994.JPG
CIMG7068.JPGCIMG7062.JPG








CIMG7004.JPG
CIMG7053.JPG

そんな歴史と先進が融合する「紀尾井町」新名所の入口に設置された



CIMG7009.JPG

クラッシュしたように飛び散って乱れ咲く、カラフル&メタリックな

花と蝶のオブジェがとても面白く

CIMG7002.JPG

背景の超高層ビルともマッチして

色んな角度から写真、撮りまくってみました

CIMG6996.JPGCIMG7028.JPG
CIMG6998.JPGCIMG6997.JPG



CIMG7035.JPG
        「Echoes Infinity〜Immortal Flowers」/大巻伸嗣




せっかくなので
「東京ガーデンテラス紀尾井町」

敷地内もぐるっとひとまわり散策してきます

CIMG7188.JPG
CIMG7184.JPG
                   「息吹く朝」/竹田康宏



CIMG7196.JPG

CIMG7091.JPG





CIMG7148.JPG
赤坂プリンスクラシックハウス(赤坂プリンス旧舘)


CIMG7158.JPG
CIMG7213.JPG
                           「White Deer」/名和晃平




CIMG7133.JPG
プリンセス アレキサンドラ オフ ゙ケントPrincess Alexandra of Kent(英:オースチン)2007年作出


nice!(39)  コメント(7) 
前の10件 | - ちよっと千代田区 ブログトップ
はっぱ.gif