So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

その生きもの、猛毒!凶暴!剛腕につき [江戸下町旅情]

CIMG5613.JPG

暑過ぎる夏は涼しい水族館でヒヤ~ッと恐怖体験★

すみだ水族館の万華鏡トンネルで

CIMG5409.JPG

すみだ水族館と講談社 "動く図鑑MOVE” のコラボ企画が
催されてたので行って来ました☆

CIMG5149.JPG
               「危険な生きもの大作戦!」/2018.6.29~9.2



「オニヒトデ」 ‐猛毒ヒトデ‐
CIMG5837.JPG

猛毒のトゲの長さは約3センチ

CIMG5153.JPG

刺されると大きく腫れて痛みが何日も続いて
死んじゃうこともあるとか

CIMG5167.JPG
CIMG5922.JPG

サンゴが大好き、でもほら貝はニガテ・・ほら貝には毒が効かないんだって

CIMG5608.JPG



「ヤドクガエル」 ‐きれいな色は猛毒のしるし‐
CIMG5248.JPG
CIMG5588.JPG
その名のとおり吹き矢に使われる猛毒、アリやダニを食べて身体に毒をためるって★



「ファイアサラマンダー」 ‐いかにも危険な猛毒イモリ‐
CIMG5592-1.JPG
皮フの警戒色にもシビれるけど、とにかく名前がカッコイイ「火(毒)蜥蜴」



「カギノテクラゲ」 ‐小さな刺客‐
CIMG5285.JPG
CIMG5293-1.JPG

鉤みたいなこの触手でいろんなところにくっつきます
CIMG5280.JPGCIMG5289.JPG
CIMG5290.JPG

刺されると40度以上の高熱とインフルエンザのような全身症状が起こるんだって★

CIMG5283.JPG



「ヤシガニ」 ‐陸上最強の節足動物‐
CIMG5247.JPG

水の中では暮らせないけど実はエラ呼吸、特技は穴掘りと木登り
挟む力はライオンの噛む力と同じくらいなのさ★

CIMG5244.JPG



「タガメ」 ‐日本最大の水生昆虫‐
CIMG5321.JPG
鎌状の前脚で獲物を捕獲して消化液を流しこみ溶けた肉を吸うんです★★★ ゲッ



「ピラニア・ナッテリィ」 ‐鋭い歯と強力なアゴ‐
CIMG5297.JPG
人間をいきなり襲ったりは(あんまり)しないよ!



「ハナミノカサゴ」 ‐海の貴婦人‐
CIMG5421.JPG

背びれに猛毒、胸びれに猛毒、尾びれに猛毒★

CIMG5192.JPG

ふふふふふ

CIMG5210.JPG

見た目の優美さに
うっかり手を出すと痛い目にあいますわよ、 おーっほほほっ
  
CIMG5216.JPG
CIMG5214.JPG

おーっほほほほほ っっ!



CIMG5238.JPG 
         「すみだ水族館」墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン ソラマチ5~6F


nice!(13)  コメント(3) 

浅草むぎとろ~6/16麦とろの日 [とうとう台東区]

CIMG4949-1.JPG
CIMG4961-1.JPG

お引っ越しを間近に控えた先月2018.6.16(土)

この日は「麦とろの日」ということで

CIMG5034.JPGCIMG4952.JPG

ビタミン・ミネラル豊富な ”山のうなぎ” 麦とろごはんを食べて
引っ越し前にしっかり体力をつけようと

「浅草むぎとろ本店」へ行って来ました ☆
CIMG4963.JPGCIMG5039.JPG
CIMG4962.JPG
                   「浅草むぎとろ本店」台東区雷門2-2-4


麦とろの日(6/16)に因んで
先着166名に、616円(税込)にて提供された

「むぎとろの日特別定食」やまいも入りお菓子のお土産付

CIMG4956.JPG

見た目のとおりボリューミィ、すぐにおなか一杯になりました 煮物のお出汁が美味しかったです☆

CIMG4959.JPG



朝9時まえから並んだ甲斐あって、先着166名に入れたのはよかったけど

CIMG5035.JPG

なにせ消化のいい麦とろごはん

すぐにおなかが空いてきて

CIMG4992.JPG

お昼ごはんは、浅草上空に颯爽と輝くビールジョッキ
アサヒグループ本社ビル21F(ビールの泡のぶぶん)にあるレストランで

ランチビールとお肉をいただきました ☆

CIMG4993-1.JPG
CIMG5011.JPG


さすが本社ビルのアサヒビール、きめ細やかな泡がとってもクリーミィ桜.gif おいし~ぃ

CIMG4998.JPG
    「レストランアラスカ 吾妻橋支店」墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒグループ本社ビル21F





お引っ越しを言い訳に、ずいぶんブログをサボってしまいました.....
新しい住まいは神楽坂のお隣「早稲田」です


変わらず新宿区民のままなので
いちおうブログタイトルもこのまま
今までどおり週いちペースで更新していきたいと思ってます

これからも、よろしくお願いいたします芽.gif

nice!(39)  コメント(8) 

さよなら神楽坂 [神楽坂 旧:home]

CIMG2069.JPG
CIMG4855.JPG

14年間住んだ神楽坂を離れて、今月末お引っ越しすることになりました



CIMG4844.JPG
CIMG4870.JPG

あれこれ落ち着いて、新しい環境で
ネットが開通するまでしばしブログはお休みしたいとおもいます



CIMG2087.JPG


バイバーイ  神楽坂

CIMG4811-1.jpg


nice!(50) 

はははのはなし [神楽坂 旧:home]

CIMG3796.JPG

むかし歯医者さんで歯を削られている最中

目の前の景色がゆっくり180度回転していって、上下逆さまになり
またゆっくり半回転して元に戻るという気持ちのわるい オカルト体験 をして以来


ずっと歯医者さんはニガテだったのですが

CIMG4828.JPG

昨年の10月から7ヶ月間、2週間に1度ずつ通って(悪くないところもすっかり治して)
昨日、やっとすべての治療が終わって

自由の身となりました

CIMG4829.JPG

いつも途中で挫折して逃げ出してたのに最後までやり遂げたという

人生初の快挙! よく頑張った じぶん


nice!(49)  コメント(7) 

着せかえコボちゃん☆ [神楽坂 旧:home]

CIMG4824-1.JPG
CIMG4795.JPG

神楽坂の着せかえアイドル

CIMG4226.JPGCIMG4224.JPG

コボちゃんのファッション軌跡、第二弾でございます~☆
                        ちなみに第一弾は コチラ



雨の日のコボちゃん ハロウイン系☆
CIMG0161.JPG

雪の日のコボちゃん ストリートhiphop系☆☆
CIMG2964.JPGCIMG2962.JPG

メット姿のコボちゃん サイズに少々難アリ★
CIMG4254-1.jpg



赤いポストとコボちゃん☆
CIMG4826.JPG

赤いカッコイイ車とコボちゃん☆
CIMG4804.JPG



そして最後は、年ごろの男の子っぽく。。
CIMG4794.JPG

端午の節句の日のコボちゃん ☆☆☆
CIMG4781.JPG


CIMG4785.JPG
CIMG4788.JPG



ときどき尖ったファッションも披露してくれるコボちゃんだけど

CIMG4639.JPG

洗いざらしのオーバーオールをさらりと着こなすコボちゃんが一番すてきだとおもいます♪


nice!(48)  コメント(5) 

初夏の旧御涼亭(台湾閣) [新宿御苑]

CIMG4733.JPG

初夏の気持ちよい風が吹きぬけてゆく

新宿御苑の日本庭園エリアにある「旧御涼亭(台湾閣)」

CIMG4697.JPG

皇太子(後の昭和天皇)の御成婚を記念して
台湾在住邦人有志が募金活動を行い

集まった寄付金により造営・献上された中国風涼亭です

CIMG4748.JPG
CIMG4755.JPG
            「新宿御苑 旧御涼亭(台湾閣)」東京都新宿区内藤町11


CIMG4737.JPG

建築家 森山松之助氏の設計により昭和2年10月に竣工されたこの建物は

屋根の軒の反りや漆喰仕上げとした棟の燕尾、瓦の色など
清朝中期以降の台湾で用いられたビンナン建築様式の特徴が取り入れられていて

CIMG4681.JPG

本格的中国風建築の日本における数少ない貴重な建物として評価されているそうです

CIMG4688-1.JPG
       丸窓の文字=「於物魚躍(あゝ満ちて魚踊れりと)」天子を讃美する言葉





CIMG4730.JPG
CIMG4708.JPG





CIMG4670.JPG

nice!(44)  コメント(6) 

こころに太陽を呼ぶ、祝祭。 [新宿三丁目]

CIMG2523-1.jpg
CIMG2686.JPG

記事にするのをうっかり忘れてました★

冬至のころの

CIMG2528.JPG

まるで美術館のような伊勢丹本店のショーウインドウ

CIMG2247.JPG
                         「新宿伊勢丹本店」新宿区新宿3-14-1



CIMG2549.JPG
CIMG2538.JPG
CIMG2536.JPG

空模様や時間帯、ショーウインドウに映り込むビルの角度や

通り過ぎる人々のシルエットによって

CIMG2540-1.JPG

街かど美術館の作品群は少しづつ姿を変え

限りなくうつろって魅せます☆

CIMG2522.JPG
CIMG2548.JPG
CIMG2534-1.JPG



CIMG2544.JPG




CIMG2684.JPG
CIMG2689.JPG


nice!(46)  コメント(6) 

名工の明治~昭和~平成~次世代 [ちよっと千代田区]

CIMG4996.JPG
CIMG4973.JPG

緑が美しい北の丸公園内に
赤煉瓦のゴシック風建物がひと際目をひく

明治43年に近衛師団司令部庁舎として建設された国の重要文化財

CIMG4619.JPG
              「東京国立近代美術館工芸館」千代田区北の丸公園1-1



館内には明治以降に制作された伝統技術を継承する
精巧な作品をはじめとする工芸品が収蔵・展示されています

CIMG4610.JPG




CIMG4556.JPG
           「鳩桜花図高浮彫花瓶」/初代宮川香山 明治4~15年 陶器




CIMG4267.JPG
CIMG4284.JPG
                「銀製置物 蓑亀之彫刻」/香川勝広 明治41年 銀・彫金
長寿の象徴として珍重される蓑亀と子亀を
銀鋳造で造形し彫金技法で写実的な表現を加えた作品
ロンドンで開催された日英博覧会に出品され金賞を受賞しました。




CIMG4285-2.jpg
         「彩金三ノ鼓並雲鶴紋打敷」/海野清 昭和4年 朧銀・彫金・象嵌




CIMG4592.JPG
                   「陶彫 印度象」/沼田一雅 昭和25~29年 陶器




CIMG4503.JPG
            「彩瓷柿文壺」/石黒宗麿 昭和34年 陶器
壺全体に掛けられた白い化粧土のうえに
赤茶と黒の二色の模様が自由闊達に走っています。
前衛的な抽象画のようにも見えますが
描かれているのは五段に張った縄に絶妙な配置で吊るされた柿の実
赤茶色の筆跡がにわかに美味しそうに見えてきます。




CIMG4531.JPG
            「紅地金襴手菊花文飾壺」/加藤土師萌 昭和36年 磁器





CIMG4506.JPGCIMG4510.JPG
                         「古鏡」/堀柳女 昭和38年 桐・木彫・木目込




CIMG4607.JPG
CIMG4604.JPG
         「色鍋島緑地更紗文八角大皿」十二代今泉今右衛門 昭和49年 磁器
今泉今右衛門家は代々鍋島藩の御用赤絵師を務め
明治期に入って藩窯が廃止された後も十代が新たに窯を築き
その高い技術を守り伝えてきました。
十二代は鍋島焼の再興を目指し従来の色鍋島の意匠にはなかった鍋島更紗を翻案し
新たな創作模様として取り入れました。




CIMG4525-1.JPG
               「燿彩鉢 創生」/三代徳田八十吉 平成3年 磁器
伝統の青手古九谷の四色(紫、藍、緑、黄)の釉薬を
同心円状にグラデーションをつけて施した作品。
浅く大きな鉢の見込み中央から外縁へと鮮やかに色が広がり
清廉な魅力を湛えています。




CIMG4543.JPG
「打込象嵌花器 新緑」/奥山峰石 平成13年 朧銀・赤銅・打込象嵌・鍛造




CIMG4541.JPG
CIMG4538.JPG
               「沈金飾箱 緑風」/鳥毛清 平成23年 漆・木・金・沈金





帰りに工芸館の近くの国立公文書館へ何気なく寄ったら

CIMG9152.JPG

公文書館で収蔵されている「平成の書」のクリアファイルが販売されました ☆
CIMG4630.JPG

これを掲げれば、あなたも小渕さんになれる! らしいです♪



nice!(39)  コメント(7) 

長閑 ‐のどか‐ [ちよっと千代田区]

CIMG4517.JPG
CIMG4595.JPG





CIMG4513.JPGCIMG4516.JPG
CIMG4511.JPG
      「長閑」/平田郷陽 1958年 桐、木彫、木目込


平田郷陽は、生身の人間に見えるほど克明は写実表現に徹した生き人形造りを
父の初代平田郷陽から学びました。



本作では、真っ白な胡粉塗りによる顔や腕のつるりとした艶やかな質感と、

大胆に簡略化されて一つの量塊となった身体と小袖が、
写実を超えた確かな存在として表れています。

CIMG4600.JPG

大きく伸びをする女性の優美な仕草の背後には、
ゆるやかな時間が情感豊かに漂います。
                   ‐作品キャプションより‐




CIMG4618.JPG
                「東京国立近代美術館工芸館」千代田区北の丸公園1-1


nice!(47)  コメント(6) 

名工の明治~十二の鷹 [ちよっと千代田区]

CIMG4587-1.JPG



CIMG4475.JPG
CIMG4455-3.JPG

本物と見紛う 超絶技巧 が、世界の人々を アッ と驚かせた

CIMG4569.JPGCIMG4568.JPG
CIMG4446.JPG

明治26(1893)年、アメリカで開催された

シカゴ・コロンブス世界博覧会で発表された《十二の鷹》

CIMG4466.JPG
CIMG4462-1.jpg


明治時代の鋳金家・鈴木長吉の代表作のひとつです ☆

CIMG4581.JPG
CIMG4585.JPG



CIMG4390.JPGCIMG4314.JPG
CIMG4402.JPGCIMG4351.JPG







CIMG4343.JPG


CIMG4327.JPGCIMG4482.JPG
CIMG4486.JPGCIMG4207.JPG
CIMG4315.JPGCIMG4202.JPG
CIMG4341.JPGCIMG4458.JPG


鷹の止まり木、鉾垂れより漂ってくるそこはかとない威厳

CIMG4393.JPG


CIMG4365.JPG
CIMG4213.JPG




ちょうカッコイイ!しびれる背中 ガッチャマンみたい ☆

CIMG4459.JPG




CIMG4378.JPG

CIMG4376.JPG


CIMG4201.JPG
      名工の明治 2018.3.1~5.27/「東京国立近代美術館工芸館」千代田区北の丸公園1-1
  
                        
nice!(41)  コメント(8) 
前の10件 | -
はっぱ.gif