So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

エアーズイタリアンキュイジーヌ [いつかは港区]

IMG_20190726_151027.jpg

汐留の高層ビル群の中でも、ひときわ目立つ
メタリックグリーン色のビル

汐留シティセンタービル41階にあるレストランへ
「マイセン動物園展」を鑑賞したあと、行って来ました

IMG_20190726_130000-1.jpg
IMG_20190726_125949-1.jpg

夏の暑い日は
こういうシュワシュワ~っとした泡の飲みモノで涼みたいです

IMG_20190726_130230-1.jpg
        「Ar's Italian Cuisine( エアーズ イタリアン キュイジーヌ) 」
                 港区東新橋1-5-2 汐留シティセンタービル 41F



2019-07-26-13-07-29.jpg

アンティパスト「お野菜の逸品」と
季節の一口スープ、冷たいコーンスープ
2019-07-26-13-07-01-1.jpg2019-07-26-13-07-38-1.jpg


2019-07-26-13-07-24.jpg


2019-07-26-13-08-04-1.jpg



海老のアボカドクリームソース スパゲッティー
2019-07-26-13-51-26.jpg

牛サーロインのロースト 生姜香るマルサラワインのソース
2019-07-26-14-20-03.jpg

鮮魚のポワレ 雲丹のトマトクリームソース~バジルのアクセント~
2019-07-26-14-19-49-1.jpg

実は・・
前菜のお野菜を食べている途中、急に耳が聞こえなくなって、意識が遠のき

そのままテーブルにうつ伏せになって
2~3分のあいだ気を失っていたようなのです

2019-07-26-14-43-28.jpg

一緒に行った友達とお店の人が救急車を呼ぼうか
心配しているところで意識がもどってきて、すぐ回復したのですが

食欲はもどらず、たいへん申し訳ないとはおもいつつ
お料理ほとんど残してしまいました

2019-07-26-14-47-23.jpg
2019-07-26-14-47-57-1.jpg

今にして思えば、あれは貧血だったのか熱中症だったのか
高層ビルの高層階で、空気が薄くて気を失ったのか


とりあえずしばらく
おとなしくしていようと思います

IMG_20190726_122304-1.jpg


2019-07-26-13-39-17-1.jpg


nice!(41)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

マイセン動物園展② [いつかは港区]

IMG_20190726_113102-1.jpg

パナソニック汐留美術館で開催されている
ドイツの名窯マイセンの、動物にテーマを絞った展覧会で

注目をあつめていた 見返りカワウソ ちゃん☆

IMG_20190726_113159-1.jpg



マイセンの原型師として活躍した彫刻家マックス・エッサーが手がけた
1937年のパリ万博でグランプリを受賞したモデルなのだそうです

IMG_20190726_113000.jpg
IMG_20190726_112908-1.jpgIMG_20190726_112916-2.jpg








どの角度から眺めても美しいフォルム
見返ったカワウソちゃんの渦巻状の形態描写がすばらしい ☆☆☆


IMG_20190726_113137_1.jpg

この美味しそうなチョコレート色の陶磁器素材は
ベットガー炻器(せっき)といって
マイセンがヨーロッパ初の白磁を発明する研究途中で出来上がったもので

白磁焼成の成功以降は次第に顧みられなくなりましたが
20世紀に入ると彫塑に適した特性が見直され
動物彫像など多くの作品が再びこの製法でつくられるようになったそうです

IMG_20190726_113122-1.jpg
「カワウソ」1927年




IMG_20190726_111737.jpg

なんて可憐な薔薇の花・・とおもったら
すぐ横に黒光りするマサカの?? いやよく見ると違うけど・・一度抱いた嫌悪感は払拭できません★

IMG_20190726_111741-1.jpg
IMG_20190726_111718-2.jpgIMG_20190726_111728.jpg

 「ヴァトー風恋人図ポプリポット」
            1820~1920年頃






舌をチョロっと出して、ひょうきんな鹿さん

IMG_20190726_113834-1.jpg

・・とおもったら
鹿さん、皮剥がされてる!! 舌を出してるのは、くたばってる表情だったのね★★

IMG_20190726_113757-1.jpg
IMG_20190726_113745-1.jpgIMG_20190726_113819-1.jpg

 「貼花狩猟図鹿浮彫蓋付パンチボウル」
              1820~1920年頃






正直いって、可愛いのか....? よくわからないニャンコ

IMG_20190726_113456-1.jpg
IMG_20190726_113519.jpg
「二匹の猫」1934~1940年頃



お魚のてらてら感がリアルすぎてコワイ ホントにこれもマイセン?

IMG_20190726_112510.jpg
「蓋物『コイ』」1850~1870年頃




IMG_20190726_112658-1.jpg
IMG_20190726_112739-1.jpg

動物園が、いよいよサバンナ化してきました

IMG_20190726_112611-2.jpg
「マントヒヒ」「クマ」「オランウータン」「マンドリル」「トラ」のマスク




IMG_20190726_113248-1.jpg
IMG_20190726_113241-1.jpgIMG_20190726_113315-1.jpg

「バタンインコ付モンキーボウル
   (ライネケのキツネ)」1924~1934年頃



最後に、今回の展示品のなかで一番好きだったのがこの作品

IMG_20190726_113300-3.jpg

劇画タッチの眉毛が真一文字につながってる、おさるが超ダンディでした

IMG_20190726_113300-2.jpg


他にもキリンさんやペンギンさんなど色んな動物がいましたが
半分近くは写真撮影禁止マークがあったので
撮りこぼし感は多少残りました

けど、ホンモノの動物園へ行くのとは、また別の
リアルな驚きや楽しいハッケンがあったマイセン磁器の動物園

展覧会のクーポンをくださったsong4uさん、本当にありがとうございました

oldtale17.gifoldtale17.gifoldtale17.gif



nice!(49)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

マイセン動物園展① [いつかは港区]

IMG_20190726_111030-1.jpg

いつもコメント欄に
参考になることや励みになること、するどいツッコミなど
いろいろ書き込んでくださるsong4uさんからクーポン券をいただいたので

友だちを誘って、パナソニック汐留美術館で開催されている
「マイセン動物園展」へ行って来ました ☆☆☆

IMG_20190726_110220-1.jpg
     「パナソニック汐留美術館」港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F



展覧会場に入って一番最初にハッと魅かれたのが
作品の繊細な”色”でした

IMG_20190726_110541.jpg

みょうに心にしっくりくるクラシックなローズ色の
ラクダちゃんと女性像

IMG_20190726_110534.jpg
女性像「四大陸の寓意(アジア)」1820~1920年頃




IMG_20190726_110700.jpg

メガネをかけた仕立屋さんを乗せているメガネをかけた山羊の
ツノには「アイロン」が、オシリには「針刺し」が施してありました 芸が細か~い

IMG_20190726_110709.jpgIMG_20190726_110645.jpg




「山羊に乗る仕立屋」1820~1920年頃




精巧でユーモラスな、おさるのオーケストラ

IMG_20190726_110616.jpg
「猿の楽団」1820~1920年頃




IMG_20190726_114131-1.jpg
IMG_20190726_114211-1.jpgIMG_20190726_114418.jpg

 装飾の美しさに、ただもう見惚れるばかり
    「花鳥飾プット像シャンデリア」19世紀後半



IMG_20190726_114155.jpg




IMG_20190726_111513.jpgIMG_20190726_111537.jpg
IMG_20190726_111615.jpg

たくさんの細か~い花々と鳥たちのなかに
「クワガタ虫」と「でんでん虫」が紛れていました(喜)

IMG_20190726_111633-1.jpg
「スノーボール貼花装飾蓋付昆虫鳥付透かし壺」1820~1920年頃




IMG_20190726_111420.jpg

IMG_20190726_111435.jpg
IMG_20190726_111414.jpgIMG_20190726_111427.jpg

「スノーボール貼花装飾蓋付大壺」
          1820~1920年頃




それにしてもスゴすぎる
この白いイヌフグリみたいな細かい花の装飾

IMG_20190726_111312.jpg
「スノーボール貼花装飾蓋付カナリア付センターピース」1820~1920年頃




IMG_20190726_114504-1.jpg
IMG_20190726_111252.jpg
「スノーボール貼花装飾ティーポット」18/19世紀


ドイツの名窯で世界的に有名な洋食器ブランド「マイセン」の
動物にテーマを絞った展覧会は

パートⅡへつづきまーす
parakeet6.gif

nice!(44)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

水辺の生物~桃園川緑道② [のきなみ杉並区]

CIMG9279.JPG

水辺に棲む生物たちをモチーフにした
なごみの脱力系オブジェが点在する「桃園川緑園」パートⅡは
水辺(道端)に寝そべってリラックスしているカッパちゃんの後ろ姿から kappa9.gif

CIMG9289.JPG

足に葉ッパを絡ませて、なんだか楽しそう....

CIMG9298.JPG

通りすがりの人にあたまを撫でられているのか
お皿がてかてかしています

CIMG9296.JPG
CIMG9284.JPG




CIMG9310.JPG

つづいてのカッパちゃんは、おなかポッチャリ系...
ん?どっかで見たことあるような

CIMG9312.JPGCIMG9313.JPG
CIMG9320.JPG

そうそう、暑い日にステテコ一丁で
ご近所の人と縁台で将棋を指してるオジサン! いるいる、こういうオジサン kappa1.gifkappa4.gif

CIMG9318.JPG



ひょろひょろと細長い、むかしは川が流れていた桃園川緑道を
ネコたちが恐るおそる横切っていきます

CIMG9363-1.JPG
CIMG9326-1.JPGCIMG9324.JPG





CIMG9369.JPG
CIMG9355.JPG



CIMG9346.JPG
CIMG9341.JPG

釣りをしている少年がいました

CIMG9348.JPG

釣れなかったようです

CIMG9335.JPG
               「つれなかった日・・・」1991・3/赤川政由 作


CIMG9352.JPG





川魚といえば、土用の丑の日

2019-07-25-12-13-33.jpg

先週、職場の食堂で食べたBランチのうな丼
ぜんぜん期待してなかったのですが、ふわふわしてて意外と美味しかったです
kappa3.gif

nice!(43)  コメント(9) 

水辺の生物~桃園川緑道① [のきなみ杉並区]

CIMG9188-1.JPG
CIMG9183-1.jpg

水辺に棲む生物たちをモチーフにした
なごみの脱力系オブジェが点在する「桃園川緑道」を
阿佐ヶ谷から高円寺を通過して中野の近くまで歩いてきました frog01.giffrog02.gif
 
CIMG9177-1.jpgCIMG9190.JPG
CIMG9180.JPGCIMG9191.JPG
桃園川は杉並区天沼にある弁天池を水源として
周辺の人々の水田灌漑用水として利用されてきましたが

天沼、高円寺地域の発展とともに生活用水の流れ込む下水化した川となり
のちに暗渠遊歩道へと変貌しました

CIMG9200.JPG
CIMG9202.JPGCIMG9205.JPG





この道をむかしは川が流れていたと想像してみると

水辺に棲む生物たちのオブジェが更に活き活きと見えてきました

CIMG9212.JPG


スヌーピー
CIMG9244-1.jpg
CIMG9248.JPG

・・じゃなくて

腕にしっかりと鯛(川だから鯉?)を抱えている「カワウソ」ちゃん

CIMG9225.JPG


CIMG9216.JPGCIMG9236.JPG
CIMG9232.JPGCIMG9250.JPG
ほのぼのした佇まいが可愛くて
すっかり気に入っていろんな角度から激写してしまいました

CIMG9231.JPG



? もしやコレは
CIMG9257.JPGCIMG9258.JPG
CIMG9251.JPG

やっぱり.....

ものすごくこころに刺さる「ペットの〇〇後始末」の看板ですネ

CIMG9255-1.jpg


水辺に棲むなごみの脱力系オブジェは②へ続きまーす...


nice!(49)  コメント(9) 
共通テーマ:地域

早稲田スポーツミュージアム [早稲田]

IMG_20190706_141932-1.jpg
IMG_20190706_142040.jpg

早稲田大学キャンパス内で
一般無料公開されている文化施設といえば

日本で唯一演劇を専門に扱う「坪内博士記念演劇博物館」や

CIMG6197.JPG

横山大観と下村観山の合作「明暗」が大階段を飾る
「會津八一記念博物館」がありますが

CIMG6188.JPG


今回は、今年(2019年)3月20日に新しく開設された
「早稲田スポーツミュージアム」へはじめて行って来ました  pataani39.gif

IMG_20190706_142443.jpg
          「早稲田スポーツミュージアム」新宿区戸山1-24-1
                   早稲田大学戸山キャンパス 早稲田アリーナ3階



このミュージアムがある早稲田アリーナ(旧:記念会堂)は
1964年東京オリンピックでフェンシングの会場となった場所だそうです

IMG_20190706_141426-1.jpg


先週放送されたNHK大河ドラマ「いだてん」見てたら

アムステルダムオリンピック女子陸上800mで
プレッシャーと孤独のなか、みごと銀メダルを勝ち取った「人見絹江」選手

IMG_20190706_141533_1.jpg

・・・の激走を目の当たりにして火がついたのか
ニッポン初の金メダルを獲得した選手というのがこの人

IMG_20190706_141544.jpg
1928年アムステルダムオリンピック三段跳び金メダリスト「織田幹雄」選手
                 (当時:早稲田大学商学部 早大競走部在籍)


IMG_20190706_141744.jpgIMG_20190706_141646.jpg

その輝かしい栄光ゆえ織田幹雄選手にはその後
1964年東京オリンピックで聖火台の最終ランナー候補として名前があがりますが
「ぜひ若者たちに」と固辞、かわりに白羽の矢がたったのがこの人

「東京五輪の聖火最終ランナー」
IMG_20190706_141055.jpg
IMG_20190706_140158-1.jpg

  ”坂井義則は1945年8月6日、広島市に原子爆弾が投下 
 された数時間後に広島県三次市で生まれた。高校では国民
 体育大会400mで優勝し、東京オリンピックへの出場を
 目指す。折しも早稲田大学では、1964年に教育学部体育学
 専修を設け、定員160名の精鋭教育を始めたが、坂井はその
 1期生として入学し、競争部に所属する。陸上の400m
 と1600mリレーで日本の強化選手に指名されたが、7月の代表
 選考会で敗退、選手としての出場は叶わなかった。
  失意の坂井のもとに、オリンピック開会式の聖火最終ラン
 ナーに選ばれたとの報が届く。広島への原爆投下の日に生ま
 れたことから、白羽の矢がたった。10月10日の開会式で、
 坂井は国立競技場のトラックを半周したあと、聖火台までの
 階段を駆け上り、聖火を灯した。国内外のメディアから
 「アトミック・ボーイ」と呼ばれ注目を浴び戦後復興と平和の
 象徴的存在となった坂井は、その後1966年バンコクアジア
 大会では1600mで優勝、400mでも銀メダルに輝いている。”





早稲田大学とオリンピックの関わりが色いろとわかったところで
他にもこころに残る早稲田スポーツエピソードがあったので少しご紹介します


「嵐のボートレース」
IMG_20190706_140310.jpg

  ”1957年5月12日、第26回早慶レガッタは前夜から続く 
 暴風雨の中、大波たつ隅田川で開催された。レースは有力
 選手の多い慶應が序盤からリードを奪ったが、蔵前橋を過ぎた
 辺りから浸水により遅れ始める。慶應艇では、たとえボートに
 水が入ってきても、全員がオールから手を離さずに漕ぎ抜く
 べきと考えて、あえて水を掻き出さなかったため、やがて
 レース途中で沈没してしまう。
  一方で早稲田邸は、たとえ試合には負けても、ボートを
 沈めることこそが最も恥ずかしいと考え、数名の選手があら
 かじめ準備した椀を使い、水の掻き出し役に専念した結果、
 先行する慶應艇を逆転しゴールに辿り着いた。終了後に早稲田
 側は、これは真の勝負でないとして再試合を申し入れたが、
 慶應側は潔く負けを認め、早稲田の優勝を祝福した。この
 出来事は、両校のスポーツマンシップを示す逸話として賞賛
 され、1960年代に小学校国語教科書にも「あらしのボート
 レース」の題で掲載された。”

IMG_20190706_140327-1.jpg
「小学校国語六年上」教科書p48~49 
     『あらしのボートレース』人の考え、じぶんの考え




庭球規「この一球」
IMG_20190706_140603.jpg

   ”テニスプレーヤーの間であまりにも有名なこの名文句は、
  庭球部OBの福田雅之助が 部員に贈ったものである。現在も
  部室には、額に入った直筆の全文が飾られている。後に人気
  漫画でも使われ、広く知れ渡るようになったが、早稲田大学の
  選手のみならず幾多のテニスプレーヤーが、この言葉に感銘
  を受け勇気づけられた。本学の出身ではない松岡修造選手
  も、ウィンブルドンでマッチポイントを握った場面で「この一球
  は絶対無二の一球なり」と叫んでサーブを放ち、ベスト8進出
  を決めた。”

IMG_20190706_140624-1.jpg
「エースをねらえ!」山本鈴美香/(株)集英社
  少年少女を中心にテニスブームを起こした漫画「エースをねらえ」の中でも
  福田雅之助や佐藤次郎が登場


  pataani31.gif  pataani30.gif pataani28.gif

IMG_20190706_134721.jpgIMG_20190706_141511.jpg
IMG_20190706_140844.jpgIMG_20190706_135205.jpg






「こんなの、まだ有ったんだ」
老紳士が展示物を見つめて感慨深そうに呟いていらっしゃいました


わたしのように早稲田大学に縁もゆかりもなくスポーツにほとんど関心がなくても
十分楽しめた「早稲田スポーツミュージアム」

OBはもとよりスポーツ好きな人にはもっと楽しめる施設なんじゃないかとおもいました


nice!(43)  コメント(9) 
共通テーマ:地域

三歩あるけば紫陽花にあたる [早稲田]

IMG_20190608_165031-2.jpg

今年のアジサイの季節は
白山神社の紫陽花祭りに行こうとおもってたけど

人混みに揉まれるのが億劫だったので

IMG_20190608_161151.jpg

消極的な代替えプラン
 「街なかにフツーに咲いてるアジサイ鑑賞で、まっいいか」ってことにしましたsummer-a-01.gifsummer-a-02.gif

IMG_20190608_165210-1.jpgIMG_20190608_163806.jpg
IMG_20190608_165115.jpgIMG_20190608_165051.jpg





IMG_20190608_172405_1.jpg


IMG_20190608_165100.jpgIMG_20190613_082206.jpgIMG_20190608_170621.jpgIMG_20190608_165830.jpg
三歩あるけばアジサイにあたるってくらい
探さなくてもアジサイは街じゅうの至るところに咲いていて

IMG_20190608_172615.jpg

人通りのない狭い路地や曲がり角や軒下など彼方此方で
色とりどりの色んな種類の小さい花火が華やかにパッと広がっていて

IMG_20190608_163847-1.jpg

空模様も体調もイマイチだったけど

だんだんと晴ればれした気分になってきました [晴れ]

IMG_20190608_165350-1.jpg



おまけの日本画  洋画もいいけど今は日本画の繊細さに心落ち着きます☆

51HyjfdPZyL.jpg
「八仙花」/中村岳凌

紫陽花.png
「榻上(とうじょう)の花」/山口蓬春


nice!(50)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

庭園の池を縁どる肥後花菖蒲 [となりの文京区]

IMG_20190608_160139-1.jpgIMG_20190608_160032.jpg

自宅から歩いて数分のところにある、わたしにとってはいつもの散歩コース

花菖蒲が見ごろの肥後の大名庭園です

IMG_20190608_163337-1.jpg
CIMG4227.JPGIMG_20190308_123528.jpg

「文京区立 肥後細川庭園」文京区目白台1-1-22




肥後花菖蒲は、江戸時代より細川家が品種改良を重ねた「肥後六花」のひとつで

他種に比べて房が大きく
横から見て美しい花姿をしているのが特徴だそうです

IMG_20190608_160323-1.jpgIMG_20190608_162309.jpg
IMG_20190608_160917.jpg



IMG_20190608_161817-1.jpg
「紫鳳殿(しほうでん)」

IMG_20190608_161650.jpg
「吉江紫(よしえむらさき)」

IMG_20190608_161703-1.jpgIMG_20190608_161800.jpg
「玉洞(ぎょくどう」          「藤の滝波(ふじのたきなみ」

IMG_20190608_161931.jpg
「業平(なりひら)」


IMG_20190608_160818.jpg
IMG_20190608_160642-1.jpg
「靄間空(もやまぞら)」 風情あるステキな名前です



この庭園に咲く肥後花菖蒲は
群生してる他の花菖蒲の名所とは一味違って

IMG_20190608_160433.jpg
「琴姫(ことひめ)」


個々、立ち姿に存在感があり

まるで日本画のなかの古典美人が
池のほとりに、涼やかに、楚々と佇んているようでもありました

IMG_20190608_160650-1.jpg



nice!(45)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

江戸東京たてもの園③ [むさし野詩人]

IMG_20190205_142805.jpg
IMG_20190205_142733.jpg

そもそもなぜ「江戸東京たてもの園」へ行ってみたかったかというと

幾人かの写真好きなブロガーさんの被写体となっていた
こちらの銭湯の写真をぜひわたしも撮ってみたいとおもったからでした

IMG_20190205_142145-2.jpg
「子宝湯」銭湯/足立区千住元町より移築


IMG_20190205_142017.jpg

昭和28年当時の入浴料金
「婦人髪洗料」って、髪洗うのに別料金かかるのかな ?

IMG_20190205_142534.jpg
IMG_20190205_142306.jpg

クラシカルなちょっとしたホテルのような高い天井と
昭和の香りぷんぷん漂う広告とのコントラストがよかったです



さてこの日も、熱心に撮影するカメラマンさんとモデルさんがいて
IMG_20190205_142259.jpg

あまりに真剣な撮影会だったので
映り込んでは申し訳ないと早々に退散しました




あれ、こんなところに三省堂?
IMG_20190205_150339.jpg

とおもったら、あの本屋さんとは違う、別の「三省堂」さんでした

IMG_20190205_150235.jpgIMG_20190205_150156.jpg
「武居三省堂」文具店/千代田区神田須田町一丁目より移築


IMG_20190205_150256-2.jpg

あとで知りましたが、ここは
千と千尋の神隠しに登場した釜爺の仕事場にあった薬草箱のモデルとなった場所だそう

そうと知ってたら撮影にもチカラ入ったのに
       こんなブレブレで右上にじぶんの指が入ってる写真しか撮れてませんでしたIMG_20190205_150250.jpg


「江戸東京たてもの園」
ちょっと心残りでザンネンな最終回となってしまいましたが

IMG_20190205_151346.jpg
IMG_20190205_151038.jpg

まだ生まれるまえのニッポン
昭和のなつかしい子供のころのニッポン
遠い記憶のなかにうっすらと面影だけ残っているニッポンが

warashi6.gif warashi3.gif warashi7.gif
目の前にリアルに現存してて胸キュンがとまりませんでした

IMG_20190205_150452.jpg



貴重なお宝建築を見てまわった一日の、締めくくりは
”お蔵”の建物にさそわれて

五日市街道沿いの「くら寿司」に入りました
IMG_20190205_172324.jpg
           「無添くら寿司 小金井店」東京都小金井市桜町3-4-5


IMG_20190205_172149.jpgIMG_20190205_170926.jpg
IMG_20190205_161525.jpg

本当は生ビールが飲みたかったけど、セルフサービスで
注ぐの面倒くさかったので「馬路村ゆずチューハイ」を注文☆


「ずわいガニ」
IMG_20190205_162235.jpg

「えびアボカド」
IMG_20190205_162737.jpg

「うなぎ」(だったとおもう)
IMG_20190205_162133.jpg

竹姫寿司シリーズの「赤鬼さん」
IMG_20190205_163318.jpg

〆の「赤鶏ゆずうどん」と、奥は友達が頼んだ「胡麻香る担々麺」
IMG_20190205_164239.jpg

デザートのチョコケーキとコーヒー
IMG_20190205_170053.jpg




こんなに食べておいてナンですが
また胃の調子が悪くて・・昨日病院で胃カメラ(鼻からバージョン)検査してもらったところ
ピロリ菌による「慢性胃炎」と診断されました

今度こそピロリ菌退治、まっとうしたいと思います


nice!(48)  コメント(11) 
共通テーマ:地域

江戸東京たてもの園② [むさし野詩人]

IMG_20190205_143930-3.jpg

先週に引きつづきまして小金井市桜町にある「江戸東京たてもの園」へ
出掛けたときの写真、2回目です
              people10.gifpeople10.gifpeople10.gif

IMG_20190205_143845.jpg
IMG_20190205_143955.jpg
「川野商店」和傘問屋/江戸川区南小岩八丁目より移築


和傘屋さんの横っちょにあった傘の妖怪みたいな、ナゾのオブジェ
IMG_20190205_144020-1.jpg




江戸時代から昭和期にかけての貴重な
復元保存建造物の内部には
それぞれの時代の商いの諸相や生活情景が再現してあります kitchen13_2.gifkitchen14_2.gif

IMG_20190205_144059.jpg


IMG_20190205_141423.jpg



IMG_20190205_143410.jpg





IMG_20190205_143012.jpg
IMG_20190205_142933.jpg
「仕立屋」/文京区向丘一丁目より移築



IMG_20190205_141122.jpg
IMG_20190205_141205.jpgIMG_20190205_141345-1.jpg

「村上精華堂」化粧品屋/台東区池之端二丁目より移築






IMG_20190205_143516.jpg
IMG_20190205_143527.jpg
「万徳旅館」/青梅市西分町より移築




IMG_20190205_150703.jpgIMG_20190205_150718.jpg
IMG_20190205_150622.jpg
「大和屋本店」乾物屋(たばこ)/港区白金台四丁目より移築




IMG_20190205_150740.jpg
IMG_20190205_151020-1.jpgIMG_20190205_151006.jpg

「丸二商店」荒物屋/千代田区神田神保町より移築







IMG_20190205_141825.jpg
IMG_20190205_141902.jpgIMG_20190205_141801.jpg

「鍵屋」居酒屋/台東区下谷二丁目より移築




IMG_20190205_141649.jpg





IMG_20190205_143035.jpgIMG_20190205_143225.jpg
IMG_20190205_143540.jpg
「小寺醤油店」味噌・酒・醤油/港区白金五丁目より移築


店先に陳列してあった大量の「サントリーオールド」2008mouse9.gif
IMG_20190205_143306.jpg

生まれてはじめて二日酔いを経験したのがこのお酒だったなぁと
昔々のほろ苦い琥珀いろの思い出が蘇ってきました





nice!(49)  コメント(10) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -
はっぱ.gif