So-net無料ブログ作成
オ・ト・ナの中央区 ブログトップ
前の10件 | -

江戸切子のキリコ☆ラウンジ [オ・ト・ナの中央区]

CIMG8951.JPG
CIMG8962.JPG

繊細なカッティングが美しい江戸切子をモチーフとした外観の商業施設

CIMG8615.JPG

銀座、数寄屋橋交差点の「東急プラザ銀座」へ
ランチに行って来ました

CIMG8590.JPG
           「HANDS EXPO CAFE」中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 7F

CIMG8578.JPG
CIMG8586.JPG
             「厚切りベーコンとズッキーニのカルボナーラ風」

CIMG8599.JPG
CIMG8597.JPG

たまにしか外食はしないけど
どうせ外食するなら、味がどうのこうの云うよりも

”ゆっくりくつろげるスペース” が第一条件だとおもう今日このごろ。。

CIMG8665-1.JPG
CIMG8652-1.JPG
                  「数寄屋橋茶房」中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 6F


CIMG8638.JPG


CIMG8625.JPG
CIMG8629.JPG
CIMG8653.JPG
CIMG8628.JPG



CIMG8659.JPG
CIMG8651.JPG

そして、銀座の一等地で
とある空間をひとときでも独占できたという ”充足感” は

なんだかとっても気持ちい~ のでした☆

CIMG8647.JPG

nice!(36)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

猿結(えんむすぶ)参道 [オ・ト・ナの中央区]

CIMG7796.JPG

いらっしゃいませ

「宝童稲荷神社」はコチラでーす

CIMG7784.JPG
CIMG7799.JPG

縁結びや子育てにご利益がある「宝童稲荷」へは

こちらの参道からどうぞ~!

CIMG7790.JPG


ビルとビルの隙間にある
コンクリートとガラスの細~い参道を通り抜けると

CIMG7824.JPG


そこには、こじんまりとしたかわいい神社がありました

CIMG7813.JPGCIMG7355.JPG
CIMG7827.JPG
                「宝童(ほうどう)稲荷神社」中央区銀座4-3-14

かつて江戸城内にあったといわれ
将軍の子息の早世を防ぐために祀られた”宝童稲荷神社”



お猿さんの熱心な道案内がなかったら、きっと見落とすところでした・・☆

CIMG7357.JPG

そして神社の前には、また別のお猿さんが

CIMG7818.JPG


参拝する人たちを背後から見守っているのでした・・・・☆

CIMG7816.JPG
CIMG7360.JPG





CIMG7803.JPG



CIMG7805.JPG
   「猿結(えんむすぶ)参道 ‐Happy Monkey Avenue‐」/渡辺元佳



nice!(39)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

街角☆天使とかくれんぼ~天賞堂 [オ・ト・ナの中央区]

CIMG7361.JPG

「もーぉいいかーい」
CIMG7372.JPG

  「まーだだよー」「もーいいかーい」「まーだだよー」



             「もーぅいいかぁーぃ
CIMG7367.JPG
 
                        「まーぁだだ・・ ア”ッ! 
         
                            駄目だよっ目を開けちゃあ!!! 」
CIMG7364-1.JPG
「ご・・ごめん」   
                   バレちゃった star2.gif

CIMG7781.JPG



 「もーいいかーい」


CIMG7776.JPGCIMG7760.JPG
CIMG7764-2.jpg
              明治12年創業「銀座天賞堂」中央区銀座4-3-9
                    時計、貴金属、模型の製造・販売

nice!(41)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

昭和ひとケタ生まれ銀座奥野ビル [オ・ト・ナの中央区]

CIMG7308.JPG

昭和ひとケタ生まれの、かつての高級アパートメント

「奥野ビル(旧銀座アパートメント)」

CIMG7235.JPG
                              「奥野ビル」中央区銀座1-9-8


民間の住居ビルとしては日本初のエレベーターを備えていて

銀座最古の手動式エレベーターとして、いまも現役で稼働しています☆

CIMG7240.JPG
CIMG7243.JPG

せっかくなので乗ってみましたが(2回も)

外側の扉と中のジャバラ扉を自力で開けるとき、重くてけっこうチカラいっぱい踏んばりました★



CIMG7295.JPGCIMG7320.JPG
CIMG7257.JPG


CIMG7275.JPG



CIMG7290.JPG
CIMG7278.JPG

昭和ひとケタ生まれの都市生活者の蜂巣住宅は

現在、アンティークショップやギャラリーなど
個性的なおよそ20店舗が入居するアートビルとなって

CIMG7254.JPGCIMG7252.JPG
CIMG7324.JPG
CIMG7287.JPG
CIMG7291.JPG
CIMG7270.JPG
CIMG7271.JPG
CIMG7276.JPG

銀座の表通りのマバユサにくらくらして
ふと、脇道にそれた人たちを

過去でも現在でも未来でもない時空のハザマへ静かに誘っているようです ・・☆

CIMG7306.JPG

CIMG7260.JPG
CIMG7282.JPG



CIMG7317.JPG




CIMG7315.JPG
CIMG7314.JPG


nice!(34)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

赤い水玉もようの銀座 ×2 [オ・ト・ナの中央区]

CIMG7517.JPG
CIMG7392.JPG

松坂屋銀座店の跡地に、2017.4.20オープンした
銀座エリア最大面積のラグジュアリーモール

銀座6丁目「銀座シックス」

CIMG7641.JPG
CIMG7389.JPGCIMG7545.JPG





「GINZA SIX」
   中央区銀座6-10-1



出店している全241テナントのうち
121店舗が旗艦店(フラッグシップショップ)という

さずが日本を代表する商業街区、世界に誇る地域ブランド ”銀座”

CIMG7440.JPG


・・ただわたしの場合
旗艦店より(どうせなにも買えないし★)、興味の対象はもっぱらコチラ
  
CIMG7397.JPG

オープニング展示として、期間限定で
4層吹き抜け(2F~5F)の天井から吊り下げられている

彌生ちゃんの赤い水玉もようのバルーン

CIMG7446.JPG
CIMG7512.JPG


CIMG7516.JPG
               「南瓜」/草間彌生:展示期間 2017.4.20~2018.2.25



ほかに、高さ約12mのリビングウォールに映し出された

CIMG7500-1.JPG

”日々の日没とともに様子を変える” 滝の映像も面白かったです

CIMG7461.JPGCIMG7479.JPG
CIMG7485.JPG
   「Universe of Water Particles on the Living Wall」/チームラボ



CIMG7507-1.JPG






そうそう銀座で「赤い水玉」といえば、もう一架所


中央通りに面した、この細いビルとビルの隙間

CIMG7226.JPG

英國屋とティファニーの間の、この細すぎる路地が  夜になると・・・star1.gif

CIMG7705.JPG

CIMG7688.JPG





CIMG7689.JPG


nice!(43)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

埠頭を渡る強風 [オ・ト・ナの中央区]

CIMG6188.JPG




東京2020オリンピック選手村建設工事中のクレーンが

今ならたっぷり見られる
CIMG6138.JPGCIMG6143.JPG
CIMG6242.JPG



東京ベイエリア、晴海ふ頭

CIMG6198.JPG
CIMG6194.JPG




旅情をかきたてる汽笛がボーーーと低く唸って

出航する、ニッポン最大の客船~洋上のオアシス「飛鳥Ⅱ」

CIMG6215.JPG
CIMG6237.JPG
CIMG6228.JPG



それにしてもすごい強風・・  寒っ!

CIMG6223.JPG


あまりの強風に鳥も飛ばされる!?

CIMG6247.JPG





埠頭を渡る強風と寒さにうち震えながら
ひたすら待ってまって

やっと降りてきた「青いとばり」

CIMG6325.JPG

この日の東京タワーのライトアップはゴールデンウィーク仕様


レインボーダイヤモンドヴェール

CIMG6297.JPG

CIMG6335.JPG




CIMG6341.JPG

CIMG6403.JPG





CIMG6423.JPG
                          「晴海客船ターミナル」中央区晴海5-7-1


nice!(51)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

さくら咲く春の日本橋と天ぷらめし [オ・ト・ナの中央区]

CIMG5496.JPG

さくらsakura.gif 咲く季節の恒例イベント

今年も、日本橋の 越後屋 へ「春の院展」を観に行ってきました

CIMG5509.JPG
            「第72回 春の院展」2017.3.29(水)~4.10(月)
                日本橋三越本店 本館・新館7階ギャラリー


そして老舗百貨店で
日本画(公募展)を鑑賞したあとは


COREDO室町1・B1階にある「日本橋案内所」へ立ち寄って

CIMG5519.JPG


DASHI BARで、だしの「旨味」を味わい

CIMG5522.JPG
          にんべん「日本橋だし場(DASHI BAR)」COREDO室町1・1階
                かつお節だし「クリーム仕立て」&「トマト仕立て」


「天ぷらめし」を食べにいきました☆

CIMG5526.JPG  
      「天ぷらめし 金子半之助」中央区日本橋本町1-4-3


カウンター13席のみの店内で

食べ放題の「きんぴら」「ゆず烏賊」「いぶり沢庵」をおつまみに飲んでいるうち

CIMG5553.JPG
CIMG5585.JPG

さっそく揚がりました


天ぷら軍団、第一群「海老」「烏賊のかき揚げ」「舞茸」「玉子」「ししとう」

CIMG5561.JPG

天ぷら軍団、第二群「ハタハタ」「かしわ」「ナス」「かぼちゃ」

CIMG5565.JPG


ご飯とあさりのお味噌汁 & ついつい3回もおかわりしてしまった「ゆず烏賊」★

CIMG5578.JPG

ご飯には、とって置きの玉子の天ぷらをのせて
一味とお醤油かけて

最後に「ゆず烏賊」オン!

CIMG5576.JPG

何度でも注ぎにきてくれる

香ばしい「黒豆茶」で、食後もサッパリ

CIMG5588.JPG

これで「天ぷらめし」980円(税込)って、すごい満足感!


行列に並ぶ覚悟さえあれば

十二分な"おもてなし感"を得られるとおもいます☆





さて、おなかもいっぱいになって
どっかそのへんをそぞろ歩いていたら

COREDO室町1とCOREDO室町2の、ビルとビルとの間に・・

CIMG5595.JPG


幻想的なイルミネーションの さくらsakura.gif が流れはじめました


CIMG5597.JPG



CIMG5592.JPG
CIMG5600.JPG




CIMG5614.JPG
CIMG5619.JPG

今年の桜もバーチャルで、間接的なお花見でおわっちゃうかぁ
                   それにしてもこの日一日、水分摂りすぎ・・・★ 



CIMG5610.JPG


nice!(47)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

トマトと桜 [オ・ト・ナの中央区]

CIMG5385-1.jpg

日本画の公募展「春の院展」を、日本橋三越本店へ観に行った帰り


COREDO室町1~2のあいだの仲通りで

CIMG5510.JPG

「日本橋桜風街道」 という

桜イルミネーションのイベントが行われていたのでちょっと寄ってみました

CIMG5560.JPG
CIMG5566.JPG
                          「日本橋桜フェスティバル」2016.3.18~4.10


光と映像の演出により創出される

CIMG5573.JPG

まるで春風に舞う桜吹雪に包まれているような幻想体感空間



CIMG5536.JPG

春の日のわずか数日間「狂舞」する桜の妖姿を表現する、空間ゲージツ

CIMG5564.JPG






揺れる

たくさんの桜色の「短冊」を見ていたら

CIMG5596.JPG


ついつい、こっちの短冊を思い出してしまって
                                    ・・ちょいと一杯ひっかけてきました☆
CIMG5380.JPG
CIMG5430.JPG
            大正13年創業「お多幸」日本橋本店 中央区日本橋2-2-3 お多幸ビル



CIMG5371.JPG

純関東風おでんをつまみながら

あー・・今年の桜の季節も
こんな感じで終わるのかぁ。。なんてザンネンな気分になったけど

CIMG5588.JPG
CIMG5551.JPG
CIMG5489.JPG

”桜の森の満開の下”にひそむ無限の虚空にふれて

自分の身体のどこか奥のほうに眠っている(かもしれない)狂気の種が
芽吹いてしまってもいけないので

CIMG5496.JPG

まっ、このくらいのお花見加減がちょうどいいかな 私のバアイ

CIMG5381.JPG
                                       4月~9月限定 トマトまるごとおでん400円



CIMG5420.JPG

CIMG5378.JPG
                                茶飯の上に おでんの豆腐を乗せた名物「とうめし」390円


nice!(43)  コメント(12) 
共通テーマ:地域

たいめいけん凧の博物館 [オ・ト・ナの中央区]

顔黒でチャラい3代目と、タンポポオムライスが、評判の


日本橋「たいめいけん」      
CIMG7034.JPG

今日も長~~い行列がつづく、人気老舗洋食屋さんの5階には


ちょっと珍しい、博物館がアリます
CIMG7250-1.jpg
                「凧の博物館」中央区日本橋1-12-10たいめいけんビル5F




CIMG7039.JPG
CIMG7215.JPG
CIMG7084.JPG
CIMG7044.JPG



~食在味格・凧在風格~

CIMG7126.JPG

日本における洋食店の草分け「たいめいけん」の創業者であり
日本古来の風俗を継承する「日本凧の会」の創設者でもある

茂出木心護(もでぎしんご)さん 愛称「おやじさん」



本場フランスの料理コンクールで受賞した事よりも
エッフェル塔で日本の凧を堂々とあげて、パリっ子の度肝を抜いた事のほうが、自慢だったそうです
CIMG7070.JPGCIMG7071.JPG



CIMG7173.JPG

館内には江戸凧を中心とし
日本全国・世界各国から蒐集された3,000点にも及ぶ凧が(雑然と)展示されていて


博物館として一般公開されています
CIMG7166.JPGCIMG7241.JPG
CIMG7134.JPG
CIMG7230.JPG
CIMG7228.JPG
CIMG7079.JPG
CIMG7209.JPG






CIMG7081-1.jpg
CIMG7101.JPG





「義経八艘飛」 義経の凧は身軽に飛びまわりそう   
CIMG7131.JPG

「道成寺」清姫 江戸刺繍凧
CIMG7133.JPG

「般若」 隠明寺版画絵凧
CIMG7045.JPG


風の又三郎? ・・「風神」かぁ
CIMG7108.JPG

のっぺらぼうの「参勤交代」連凧
CIMG7184.JPG

たぶん日本で一番有名な連凧「青雲」☆
CIMG7177.JPG

おおっ いると思った!「一反木綿」凧
CIMG7176.JPG


エーッ こんなのも飛ぶの?って思うモノもあったりして...
CIMG7227.JPG



CIMG7237.JPG
CIMG7220.JPG

どことなく見世物小屋チックな(ちょっと違う?)・・土着的郷愁を誘う
現実逃避指数の高い異空間



腰を落ち着けて目を凝らして見れば見るほど、次から次へと「お宝」が、ザックザク^^

CIMG7053.JPGCIMG7057.JPG
CIMG7078.JPG


CIMG7223.JPG
CIMG7170.JPGCIMG7167-1.jpg












CIMG7198.JPG

「こんな嬉しい場所があるなんて、知りませんでした
今度また、ゆっくり寄らせていただきます」
CIMG7186.JPGCIMG7199.JPG
CIMG7161.JPGCIMG7123.JPG
CIMG7146.JPGCIMG7142.JPG





1~2分ほど見て回って、こう言い残して去っていった紳士は

ご家族で「たいめいけん」へお食事に来られてて、きっと時間がなかったのでしょう

CIMG7171.JPG

次にご来館の際は、ゆっくりのんびり少年の日に戻られることと思います

nice!(47)  コメント(16) 
共通テーマ:地域

とざい東西~お江戸日本橋千両商い絵巻 [オ・ト・ナの中央区]

CIMG6560.JPG
CIMG6486.JPG

吉原、歌舞伎と並んで

「日に千両落ちる」大商いが行われていたという、日本橋の魚河岸

CIMG6493.JPGCIMG6537.JPG
CIMG6558.JPGCIMG6536.JPG
そんな活気に満ち溢れた(今から210年前)頃の

お江戸日本橋を俯瞰描写した・・

CIMG6473.JPG


「熈代勝覧」(に、描かれている人物&解説文)を、コンプリートしてきました☆
CIMG6440.JPG   
             「熈代勝覧(きだいしょうらん)」原画:ベルリン国立アジア美術館所蔵/絵師:不明
                      場所:東京メトロ「三越前」駅の地化コンコース通路に、ででで~ん!と17メートル常設展示
                 



時は、11代徳川家斉の世の、文化2年(1805年)

場所は、大江戸八百八町のなかでも
とりわけ名高い「日本橋」・・・・

 


「熈」(かがや)ける御「代」の「勝」れたる大江戸の景観を、とくとご「覧」あれ








●押送り船・・・・・・・・・・押送り船とは、房総あたりの近海魚を
CIMG6460.JPG
活きのよいまま魚河岸に直送した、六挺櫓の高速艇
お江戸ならではのこと



●魚の立売・・・・・・・・魚河岸で仕入れた魚介類を目抜き通りで早速小売り
CIMG6454.JPG
あれもこれも活きがよくって
旨そうな魚を物色



●鰹の立売・・・・・・・・・・「目に青葉山時鳥初鰹」と詠まれた初鰹
CIMG6457.JPG
江戸っ子は初物食いに四季を味わった
活きのよい鰹を商う魚市場の傍



●屋台の茶屋・・・・・・・・・・現代のオープンカフェ
CIMG6388.JPG
市松模様の屋根は、簡便な可動式床見世のサイン
美人の接客に鼻の下を長くする客



●辻駕籠(つじかご)・・・・・・・・・吉原等の遊里通いや遠出の時に町人が用いた乗物
CIMG6392.JPG
辻などにたむろして客を待つ
乗り心地はあまりよくない



●飛脚・・・・・・・・・飛脚は、取次ぎ問屋の立場(たてば)に持っていけば
CIMG6386.JPG
届け先の所在と名前を伝えるだけで
確実に届けてくれる宅配制度



●牛車・・・・・・・・・・江戸は急な坂や太鼓橋が多い都市で
CIMG6550.JPG
材木や石材、米俵のような重いもの
あるいはかさばるものは牛車で運んだ



●地行と木遣り・・・・・・・・・地行とは家普請の字固め
CIMG6436.JPG
太い杭で地を突き固めるのは鳶の衆
縄を引っ張る調子合わせに唄うのは木遣



●読売・・・・・・・・・・辻で深編笠をかぶり
CIMG6402.JPG
事件や政治風刺を刷った
最新情報の瓦版を読み上げる二人は読売



●貸本屋・・・・・・・・・・江戸時代本は高価だったので
CIMG6375.JPG
貸本業が盛んとなり、行商の貸本屋が持ち込む本で
教養や娯楽の糧とした



●鮓(すし)売り・・・・・・・・・・鮓といえば押鮓や稲荷鮓が主流の時代
CIMG6378.JPG
こうした鮓を箱に詰めて仕出しをしたり
往来で立売、行商して歩く



●菜売り・・・・・・・・・・神田のやっちゃば(青物市場)で仕入れた
CIMG6448.JPG
茄子や大根、青菜を商う棒手振(ぼてふり)
日本橋へ来れば何でも間に合う



●付木売り・・・・・・・・・・付木とは、松や檜の剥板の先に
CIMG6369.JPG
硫黄を塗ったもので、火を移すのに用いる
燐寸(マッチ)の前身



●保命丹(薬)売り・・・・・・・・・・両架けの箱の外覆いに
CIMG6384.JPG
「保命丹」という薬名がわずかに見える
江戸では諸国からの薬種が取り扱われた



●反古紙(ほごがみ)買い・・・・・・・・・・不要となった帳面や手紙
CIMG6445.JPG
瓦版や読本などを買い入れた
この紙を漉きかえして再生紙をつくり有効資源活用



●三井越後屋・・・・・・・・・・江戸店(だな)でも随一の呉服商・三井家の越後屋
CIMG6420.JPG
立看板に「現銀無掛直」とあり、掛売が通例の世に現金商法を打ち出し
また店先売りで大当たり
国元の本店から派遣された、男所帯の江戸店の典型



●蒲鉾つくり・・・・・・・・・・鮫などの白身魚を擂りつぶして
CIMG6441.JPG
板に塗りつけ蒸したのが蒲鉾
魚河岸近くの室町なので「神茂」の前身か



●鏡師・・・・・・・・・・店先で鏡を磨く職人
CIMG6380.JPG
青銅製に錫をメッキした鏡面を
仕上げ磨きにザクロの実から作った酢を用いたという



●回り髪結・・・・・・・・・・路地口を入ろうとしているのは
CIMG6410.JPG
鬢付盥(びんつけたらい)を持った回り髪結
衣食のみならず髪結までが出前する、快適な都会暮らし



●十軒店の雛市・・・・・・・・・・春になると外売りの雛人形の仮店が並び、市が立つ
CIMG6480.JPG
江戸の春の風物詩のひとつ
縁起物の値段は交渉次第



●搗(つき)米屋・・・・・・・・・・幕府御米倉の米は
CIMG6400.JPG
札差(ふださし:米商人)を通じて御家人たちに換金され
江戸っ子の主食となった
その米を、臼と杵で精(しら)げる仕事



●江戸患いの台車・・・・・・・・・・十軒店の雛市に出てきた台車に乗った人
CIMG6394.JPG
江戸っ子は白米を日常食としたため
江戸患いといわれた脚気病みか



●按摩・・・・・・・・・・杖をつき、笛を吹いて客を誘うのは流しの按摩の二人
CIMG6398.JPG
呼ばれれば鍼灸やマッサージで
心身の病を治す



●菓子の立売・・・・・・・・・・大きな日傘に商標を付けた立売の菓子屋
CIMG6404.JPG
売るのは団子か饅頭か
紙袋を膨らませる顔の表情がユーモラス



●手遊(てあそび)売り・・・・・・・・・・手遊とは子供が手に玩ぶ遊具
CIMG6414.JPG
猿の木登り、でんでん太鼓
稲荷の旗などを売り歩く



●猿回し・・・・・・・・・・大道芸の猿回しの猿に吠えかかる犬
CIMG6407.JPG
まさに「犬猿の仲」を示したハプニング
「江戸に多きもの伊勢屋稲荷に犬の糞」と言われたように、市中に多い犬



●鷹匠・・・・・・・・・・将軍家の鷹匠が鷹を手に
CIMG6431.JPG
喧騒な大通りを行くのは
神経の繊細な鷹の、調教の最後の仕上げのため



●箍(たが)屋・・・・・・・・・・水桶・手桶・飯台・樽などの修理には
CIMG6433.JPG
竹を割って作る箍で締めた
生活道具に桶などが増え、箍屋も大忙し



●虚無僧(こむそう)・・・・・・・・・・虚無僧は有髪の普化宗の托鉢僧で諸国行脚
CIMG6530.JPG
天蓋(深編笠)に袈裟を着け
尺八を吹く門付でお布施を乞う



●日本橋川での水遊び・・・・・・・・・・日本橋川を見やると
CIMG6466.JPG
盥(たらい)を舟にした幼児と水面を泳ぐ子供の姿が
大江戸の豊かな生活がうかがえ微笑ましい



●寺子屋入門・・・・・・・・・・寺子屋(稽古所)へ入門するための
CIMG6372.JPG
机を担いだ父親に手を引かれる子
遊び盛りで、いやじゃと腰は引けている



●喧嘩・・・・・・・・・・「火事と喧嘩は江戸の華」といわれたように
CIMG6450.JPG
魚河岸の近い日本橋あたりで
棒手振(ぼてふり)同士の喧嘩の真っ最中



●いい機嫌の町歩き・・・・・・・・・・扇子を頭にかざして、ほろ酔い機嫌で町歩きの旦那
CIMG6412.JPG
着飾った連れの女性たちと
繁盛する大通りを談笑しながら漫遊



●日本橋上の武家の一行・・・・・・・・・日本橋上の橋のまんなかに、武家の一行が象徴的に登場
CIMG6464.JPG
轡(くつわ)取りを先頭に、騎上の武家、槍持
鋏箱持、合羽籠持、歩行(かち)で従う家臣たち





絵巻のなかで生き活きと息づく1671人の身分も職もさまざまな人々と

犬20匹、馬13頭、牛4頭、猿1匹、鷹2羽



もし、この時代に生きるとして
自分はどの職業に就いてたかナーと想像すると。。。

白身魚をすり鉢で嬉しそうに練り練りしてる「かまぼこ職人」が、いいかなぁ^^

nice!(47)  コメント(18) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - オ・ト・ナの中央区 ブログトップ
はっぱ.gif