So-net無料ブログ作成
江戸下町旅情 ブログトップ

クラゲとゲゲゲの妖怪トンネル [江戸下町旅情]

CIMG9658.JPG
CIMG9670.JPG

全長約50mのスロープの壁と天井に約5,000枚の鏡を貼り付けた
すみだ水族館の「クラゲ万華鏡トンネル」に

水木しげるの”水”にまつわる妖怪たちが登場しました☆

CIMG9288.JPG
          「水の妖怪トンネル 水木しげる×すみだ水族館 」2017.7.15~9.10



CIMG9505.JPGCIMG9655.JPG
CIMG9502.JPGCIMG9649.JPG


それでは、ゲゲゲとクラゲの初コラボ

水の妖怪トンネルを 「ゾ~~~~~ッと ススメ」 by ぬりかべ

CIMG9294-1.JPG




①「河童火」

CIMG9303.JPG

火が嫌いとされる河童が、火を貸してほしいと人間に接触する昔話。
奄美大島や沖縄で見られる河童の仲間は、盛んに火を灯すことで知られている。

CIMG9361.JPGCIMG9369.JPG
CIMG9358.JPGCIMG9726.JPG




②「河童」

CIMG9405.JPG

相撲が大好きで、負けると勝つまで勝負をせがむ河童。
人間の想像上の内臓である尻子玉を抜いたり、馬を川に引きずりこむなど怖い一面も。

CIMG9402.JPG




③「船玉様(ふなだまさま)」

CIMG9431.JPG

船乗りたちが信仰する神で、漁船には必ず祀られている船玉様。
船玉様が音をたててお告げをすると、不吉か吉事のどちらかの前兆であるといわれている。

CIMG9455.JPGCIMG9436.JPG
CIMG8421.JPGCIMG9442.JPG




④「大蛸の足」

CIMG9471.JPG

瀬戸内海に浮かぶ大三島の漁村に現れた大蛸。
十七歳の美しい娘「お浜」に求婚した後に、彼女を海へと連れ去ったという。

CIMG9479.JPG




⑤「海妖」

CIMG8444.JPG

昔、一隻の貨物船に汽船とぶつかる幻を見せた海妖。
衝突することなく貨物船が走り抜けると、船のまわりに火の玉が浮かんだ。

CIMG9660.JPG



⑥「化け鯨」

CIMG8457.JPG

島根の隠岐島あたりで、奇怪な魚の群れとともに現れたという骨だけの鯨。
漁師がモリを当てても手応えがなかったことから、巨大な化け鯨として噂は広まった。

CIMG9539.JPG




⑦「ほいほい火」

CIMG9608.JPG

ホイホイと二、三回呼びかけるとシャンシャンという音とともに出現。
一説に奈良にあった十市城主の怨霊だと考えられている。
ほいほい火は見た人に祟るといわれている。

CIMG9568.JPG


CIMG9569.JPGCIMG8483.JPG
CIMG9566.JPGCIMG9544.JPG
CIMG9557.JPGCIMG9552.JPG
CIMG9576.JPGCIMG9563.JPG




⑧「海月の火の玉」

CIMG8503.JPG

現在の石川県加賀市で、夜中にある侍が歩いていると
生温かい風が吹き火の玉が揺れながら飛んできた。
斬り捨てるとふたつに割れて松脂のようにネバネバと侍の顔にはりついたという。

CIMG9616.JPG
CIMG8496.JPG



涼しい水族館で

ぷかぷかと水に漂うクラゲと
水にカンケイする妖怪たちを見たあとは

CIMG9222.JPG

館内にあるペンギンカフェでパフェを食べて、心も身体もさらにヒンヤリ


1日限定20食、目玉おやじの「目玉パフェ」☆

CIMG9218.JPG
CIMG9259.JPG





ニッポンの夏は、妖怪たちと出会う夏

CIMG9501.JPG

暗く長くつづく水の妖怪トンネルの”果て”で


くれぐれも出口を間違えぬよう

妖怪たちに袖をひかれ、異界へ導かれないよう。。

CIMG9652.JPG
         「すみだ水族館」墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン ソラマチ5~6F


nice!(45)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

ネイチャーアクアリウム~自然水景 [江戸下町旅情]

CIMG7898.JPG
CIMG7883.JPG

東京スカイツリータウン・すみだ水族館で

いちばん最初に登場する展示ゾーン「自然水景」

CIMG7880.JPG

自然の美しい風景を切り取り水槽の中で表現し
自然の生態系を再現しているという


ネイチャーアクアリウム

CIMG7904.JPGCIMG7903.JPG
CIMG7848.JPG



水槽のなかの森や草原、川辺や渓谷  気持ちのいい風が吹く空のうえを

CIMG7902.JPG
CIMG7896.JPG

さかなたちが飽くことなく自由に飛びまわっているかんじ ・・☆


CIMG7879.JPG
CIMG7862.JPG
CIMG7857.JPG

時間が経つほど味が出て
風を感じる心地よい暮らしを提案する注目 ”物件” 

もしわたしがおさかなだったらここに住みたいと思います、ぜったい 熱帯魚.gif

CIMG7864.JPG
CIMG7870.JPG




CIMG7900.JPG
          「すみだ水族館」墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン ソラマチ5~6F


nice!(43)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

キントトすみだの夏まつり [江戸下町旅情]

CIMG8274.JPG
CIMG8373.JPG

お江戸、金魚の夏まつり



東京スカイツリータウンにある
「すみだ水族館」の

全長100メートルにおよぶ金魚展示ゾーン 「江戸リウム」

CIMG8542.JPG
CIMG8260.JPG

約20品種1,000匹の金魚が鑑賞できる夏イベント

「東京金魚ワンダーランド(2017.7.10~8.31)」へ行ってきました 赤い金魚.gif

CIMG7843.JPG
        「すみだ水族館」墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン ソラマチ5~6F





丹頂(タンチョウ)
CIMG8353.JPG

東錦(アズマニシキ)
CIMG8337.JPG

江戸錦(エドニシキ)
CIMG8231.JPG

蘭鋳(ランチュウ)
CIMG8258.JPG

うわっブルドッグみたい! うわっウーパールーパーみたい!!



こういう肉瘤系の金魚はあんまり見たことがなかったので
正直、第一印象は わッ気持ちわるっ だったけど

CIMG8354.JPG
CIMG8338.JPG

見慣れてくるうちにだんだんカワイクおもえてきて

CIMG8366.JPG
CIMG8345.JPG

見れば見るほどクセになる愛らしさ美しさにじわじわじわじわハマっていたのでした・・☆

CIMG8370.JPG





CIMG8226.JPG
CIMG8230.JPG






CIMG8329.JPGCIMG8333.JPG
CIMG8325.JPGCIMG8328.JPG


CIMG8314.JPG
CIMG8315.JPG




CIMG8302.JPG



リュウキン・デメキン・ランチュウといった金魚たちの
巧妙な飴細工のコーナーもありました

CIMG8383.JPG
CIMG8385.JPG
CIMG8382.JPG
         浅草 飴細工「アメシン」東京スカイツリータウン ソラマチ4F






なかでも一番気にいったのは

群れ成す「キャリコ琉金(キャリコリュウキン)」の水槽でした

CIMG8540.JPGCIMG8532.JPG
CIMG8537-1.JPG
CIMG8528-1.JPG

まるでヨーロッパの古い海景絵画が放つ光彩のなかで「金魚の万華鏡」をのぞいている

CIMG8530-2.JPG

そんな現実と非現実が混じり合ったような空間にすっかり見惚れてしまいました デメキン.gif


nice!(42)  コメント(9) 
共通テーマ:地域

武都から首都へ~江戸東京博物館 [江戸下町旅情]

江戸東京の歴史と文化の殿堂
両国にある「江戸東京博物館」の常設展が

お正月開館日は無料公開だったので、1月3日に行ってきました

CIMG2793.JPG

CIMG2979.JPG

 江戸紫の鉢巻に髪は生締め

 大江戸八百八丁に隠れのねえ、杏葉牡丹の紋付も・・

CIMG2995.JPG

江戸っ子の美意識=「粋」を集結した
古典歌舞伎「助六」に登場する

太夫「揚巻」の裲襠(うちかけ)~お正月模様  おめでたい☆

CIMG2959.JPG



芝居小屋「中村座」では

からくり人形による"書き初め"が催されていました

CIMG2790.JPG


こんなに大勢の人の前で・・・緊張するなぁ           
CIMG2782.JPGCIMG2784.JPG

ふう、なんとか無事に書けました              お疲れさま~
CIMG2789.JPG


じつは、こんなのも描けるんデス     
CIMG3007.JPG
              「馬」・「寿」・「松」・「竹」・「梅」       「アンパンマン」

ご祝儀はお気持ちで☆
CIMG3041.JPG




絵草紙屋「泉屋」の前では”有卦絵”という・・   
                       ※有卦(うけ)=陰陽道で干支 による運勢が吉運の年回り CIMG2873.JPG

縁起のいい絵も展示してありました

              
「吹き矢に興じる福助」                     「福禄寿の仮装に驚く福助」         
CIMG2894.JPGCIMG2896.JPG
                       藤よし 1867年                       歌川芳富 1894年 



人気力士の錦絵もなんだか縁起よさそう

「和歌ノ浦若右衛門」                      「沖之濱勝蔵」
CIMG2875.JPGCIMG2876.JPG
                      歌川国貞 1845年                      歌川国貞 江戸末期 


「あっねえねえ、お相撲さんよ!」        「まあ、やっぱり・・おおきいのねぇ。」
CIMG2928.JPG

                                     






さて、ここから先は

文明開化で始まった時代は、武都から首都、江戸から東京へ

                                            兜町の第一国立銀行
CIMG3058.JPG

銀座煉瓦街とガス燈
CIMG3073.JPG

御茶ノ水のニコライ堂
CIMG3071.JPG

浅草の凌雲閣  関東大震災で半壊し解体されました
CIMG3111.JPGCIMG3096.JPG



サラリーマンの登場
CIMG3134.JPGCIMG3120.JPG
CIMG3099.JPG

「市内一円」、なるほどこれが「円タク」なんですネ カッコイイ



CIMG3147.JPGCIMG3153.JPG
CIMG3156.JPG

大きな震災と戦災を乗り越えて、大都市に成長した東京の姿は

CIMG3166.JPG



江戸に暮らす人たちの目にはどう映ることでしょう

CIMG2947.JPG
CIMG2955.JPGCIMG2938.JPG


CIMG2945.JPG
                          江戸時代後期天保年間「両国橋西詰」

nice!(38)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

オープン☆エア~街歩き「北斎ギャラリー」 [江戸下町旅情]

CIMG6044.JPG
CIMG6035.JPG

墨田区の「両国」から、「錦糸町」までつづく

”北斎通り” を、街歩きしながら



墨田区が所有する北斎作品、103点を鑑賞してきました
CIMG6062.JPG
                 「葛飾北斎生誕地案内板」墨田区亀沢2-15-10(東あられ本舗まえ)



CIMG6036.JPG


CIMG6135.JPGCIMG6120.JPG
CIMG6068.JPGCIMG6143.JPG
CIMG6126-1.jpgCIMG6116.JPG


CIMG6038.JPG

街路灯に描かれた作品の状態は、雨風・陽光にさらされて・・イマイチだけど


オ~プン☆エア~な、青空の下
CIMG6098.JPG

花や木に囲まれ、太陽や大地を感じながら観る「北斎」も、またオツなものかと思います


CIMG6117.JPG




CIMG6059.JPGCIMG6086.JPG


ときどき、「永谷園」のお茶漬けの味を思い出したりもしますけど^^


CIMG6131.JPGCIMG6146.JPG



CIMG6072.JPG



CIMG6061.JPGCIMG6089.JPG







さて現在、「北斎通り」の中心部に建設中の

来年度オープン「すみだ北斎美術館」の仮囲いには
CIMG6156.JPG

区内の保育園児たちの力作が描かれています

CIMG6154.JPG

CIMG6155.JPG
CIMG6157.JPG

ハッと目を引く出来栄え!明るくチカラ強くて斬新

小さいときから北斎に慣れ親しんで育つ園児たちの将来がとっても楽しみデス

CIMG6161.JPG


※ 秋葉原の荒くれた「自販機のヤカタ」に引き続き、この場所を教えてくれたのは
  スカイツリーの麓にお住まいの路地裏ウォーカーikamasaさんです
  路地裏ウォーカーikamasaさんのブログは、私の街歩きの指南書なのです^^

nice!(50)  コメント(19) 
共通テーマ:地域

JR両国駅3番線ホームの、セカンドキャリア [江戸下町旅情]

CIMG6191.JPG
CIMG6190.JPG

”おすもうさんの町”


JR「両国駅」へ、20年ぶりくらいに降り立ってみたら
CIMG6187.JPG


国技館の屋根を背景にした、向かい側のホーム「3番線」に・・・ナゼか、電車を待つ人の姿は無くて
CIMG6229.JPG


かわりに和楽太鼓のイベントが、賑やかに催されていました CIMG6216.JPG
CIMG6220.JPG


駅のホームに

パイプ椅子がずらっと並べられている光景は・・・よくよく考えてみたら、けっこう不思議
CIMG6211.JPG
CIMG6193.JPG

JR両国駅は、かつて房総方面への長距離列車のターミナル駅として、活躍していましたが

現在は1・2番線に総武線の各駅停車のみが発着する駅に縮小され



往時の繁栄の名残り・・3番線プラットホームは、イベント会場となっているようでした
CIMG6202.JPG


CIMG6218.JPG
CIMG6241.JPG
CIMG6243.JPG
CIMG6250.JPG


プロアスリートの町で

現役を退き、セカンドキャリア(第二の人生)を歩む「3番線ホーム」へと、向かう通路には



華々しいレッドカーペットが敷き詰められていました
CIMG6214.JPG
                                    「JR両国駅」墨田区横綱一丁目

nice!(49)  コメント(16) 
共通テーマ:地域

大江戸・下町・深川 LIVING~向こう三軒両隣 [江戸下町旅情]

CIMG5654.JPG

いつも通勤で利用してる、都営大江戸線の

反対側のホームから


およそ175~180年前の「江戸」へと向かう電車に乗って
CIMG5664.JPG
大江戸下町庶民の暮らしっぷりを・・・・・チラリと覗いて、みてきました☆





CIMG5617.JPG
                               「深川江戸資料館」江東区白河1-3-28
                                    都営大江戸線「清澄白河駅」より徒歩3分


CIMG5622.JPGCIMG5619.JPG
CIMG5621.JPGCIMG5624.JPG






ときは天保年間末期(1830年代末)

場所は「深川佐賀町」、隅田川沿いの、とある長屋に・・・・・・・



「於し津(おしづ)」さんという長唄のお師匠さんが暮らしておりました
CIMG5909.JPG
                       ※「杵(きね)が八つ」の絵は、長唄の家元「杵屋」を表しています


CIMG5780.JPG

於し津(おしづ)さんは、36歳

没落した町人の妻女か、武家の出身で


ご主人は亡くなり、一人娘は武家へ女中奉公に上がっています

CIMG5784.JPG

長唄(三味線)のほかに、手習い・読み書き・お裁縫などを教えながら

生計をたてている、於し津(おしづ)さんの



慎ましくも、きちんとした暮らしっぷりが、室内の様子からうかがえます

CIMG5791.JPGCIMG5795.JPG
CIMG5790.JPG





CIMG5825.JPGCIMG5859.JPG

この長屋には、他にも


アサリやシジミを「むきみ」にして行商する「棒手売(ぼてふり)」職人の、政助さんや

船宿の船頭さん、木場の木挽き職人夫婦などが暮らしていて

CIMG5822.JPG

向こう三軒両隣

お互い、足りないぶぶんを補いあい


支えあって共同生活を営んできたモノと思われます

CIMG5832.JPG
CIMG5749.JPG
CIMG5752.JPG

この時代、この場所に暮らす人びとに、思いを馳せていくうちに・・ なんだか



薄い板一枚向こうの隣家の生活音、灯火用の魚油の臭いまで

リアルに伝わってくるような気がしてきました

CIMG5924.JPG



CIMG5812.JPG

そんななか

私がいちばん、ハッ!とさせられたのは


ゴミ置き場に、ほとんどゴミが捨てられてないということ!!
CIMG5775.JPG

ゴミのない大都市、江戸の

「ものを使い尽くす」というリサイクル精神を、改めて見せつけられた思いがしました




いろいろおべんきょうになった「深川江戸資料館」

お土産は

飛び出す深川、 「起こし文」(絵葉書)~火の見櫓の巻~でした^^
CIMG6262.JPG


nice!(43)  コメント(18) 
共通テーマ:地域

のらくろ、episode「ワン!」 [江戸下町旅情]

いつの間にか失くしてしまったけれど...


父から譲り受けて
こどもの頃けっこうお気に入りだった、漫画本「のらくろ」
CIMG1496.JPG

「のらくろ」のことを思うと、今でも
切ないような、甘酸っぱいような懐かしい気持ちで胸がきゅーッと、鳴るのは


どうしてなのか
CIMG1480.JPG

その理由を、思い出したくて



下町深川にある「のらくろだらけ」の商店街、「のらくろ~ド」へ行ってきました
CIMG1386.JPG

CIMG1462-1.jpg
                                             「深川・高橋のらくろ~ド」江東区高橋


CIMG1430.JPGCIMG1405.JPG
CIMG1404.JPGCIMG1396.JPG


CIMG1505.JPG


CIMG1419.JPGCIMG1433.JPG
CIMG1408.JPGCIMG1399.JPG


「男の子は犬と戦争ごっこが好き」という発想から
のらくろは、戦前の昭和6年より、講談社「少年倶楽部」で連載が始まりました


本名、「野良犬黒吉」の名前どおり
CIMG1479.JPG

天涯孤独で、雑種で、小さな、黒犬が


持ちまえの機知と勇気で、所属する「猛犬連隊」で軍功をあげ出世していくお話です
CIMG1429.JPG













・・穏やかでほほえましい商店街ですが、、たったひとつだけ穏やかならぬものハッケン・・


のらくろの町に、掲げられた「ゲルニカ」。。    そこに深いメッセージ性があるのかないのか・・・しばし感慨にふけりマス
CIMG1432.JPG




さて、「のらくろ~ド」を通り抜けると

幼少期から青年期までを、深川で過ごしたという「のらくろ」の作者・・
CIMG1453.JPG


「田河水泡」にまつわる品々が並ぶ記念館「のらくろ館」に、たどり着きます
CIMG1484.JPG
CIMG1489.JPG
                  「田河水泡・のらくろ館」江東区森下3-12-17 森下文化センター1F




そして、私が求めていた、「答え」は....
CIMG1499.JPG



「田河水泡」の妻の実兄である、文芸評論家「小林秀雄」の著書のなかに、ありました

CIMG1473.JPG


「のらくろというのは、実は、兄貴、ありゃ、みんな俺の事を書いたものだ。」

 私は、一種の感動を受けて、目が覚める想いがした。
 彼は、自分の生い立ちについて、私に、くわしくは語った事もなし、こちらから聞いた事もなかったが
 家庭にめぐまれぬ、苦労の多い孤独な少年期を過した事は、知っていた。
 言ってみれば、小犬のように捨てられて、拾われて育った男だ。
 「のらくろ」というのん気な漫画に、一種の哀愁が流れている事は、私は前から感じていたが
 彼の言葉を聞く前には、この感じは形をとる事が出来なかった。
 まさに、そういう事であったであろう。
 そして、又、恐らく「のらくろ」に動かされ、「のらくろ」に親愛の情を抱いた子供達は、みな
 その事を直覚していただろう。
 恐らく、迂闊だったのは私だけである。
                                 「考えるヒント」/小林秀雄


CIMG1490.JPG


        はつきりしてはゐないが
        なんでも覺えてゐるのは
        箱の蓋にのつて
        川に流されてゐたことです

        お母さんのことも兄弟のことも
        いまとなつてはどうしても
        思ひ出せない
        目に浮かぶのはあの冷い
        川の水の色だけ

        鼠の死んだのや大根の尻尾
        そんなものと一緒にどこまでもどこまでも
        流されて行く
        ひつくり返つたら
        僕も犬の死んだのになつて
        やつぱり流されて行くのです
        心細い限りです

               「のらくろ子犬時代」少年倶楽部付録(昭和10年7月号)/田河水泡



nice!(35)  コメント(16) 
共通テーマ:地域
江戸下町旅情 ブログトップ
はっぱ.gif