So-net無料ブログ作成
検索選択
ちよっと千代田区 ブログトップ
前の10件 | -

紀尾井町~花とビルと蝶 [ちよっと千代田区]

CIMG7052.JPG
CIMG7029.JPG

だるま落としのように縮んでいく解体工法で
静かに消滅していった、バブル経済の象徴「赤プリ」跡地に


2016.7.27にグランドオープンした超高層複合ビル

CIMG7014.JPG
CIMG7005.JPG
                「東京ガーデンテラス紀尾井町」千代田区紀尾井町1-2



東京メトロ南北線永田町駅9a出口と直結していて、雨の日も便利

CIMG7220.JPG
CIMG6957.JPGCIMG7222.JPG

ここにしか咲かない
 「マスターローズ」/川口昌亮





ここは江戸時代、紀伊和歌山藩徳川屋敷だった場所で

CIMG7020.JPG
CIMG7044.JPG

「紀尾井町」という地名も
タダモノでない威厳をかもしだしてるなあとおもってたら

当地に屋敷を構えていた紀伊徳川家の「紀」、尾張徳川家の「尾」、彦根井伊家の「井」
各家の文字を一文字づつとって名づけられたということです

CIMG7056.JPGCIMG6994.JPG
CIMG7068.JPGCIMG7062.JPG








CIMG7004.JPG
CIMG7053.JPG

そんな歴史と先進が融合する「紀尾井町」新名所の入口に設置された



CIMG7009.JPG

クラッシュしたように飛び散って乱れ咲く、カラフル&メタリックな

花と蝶のオブジェがとても面白く

CIMG7002.JPG

背景の超高層ビルともマッチして

色んな角度から写真、撮りまくってみました

CIMG6996.JPGCIMG7028.JPG
CIMG6998.JPGCIMG6997.JPG



CIMG7035.JPG
        「Echoes Infinity〜Immortal Flowers」/大巻伸嗣




せっかくなので
「東京ガーデンテラス紀尾井町」

敷地内もぐるっとひとまわり散策してきます

CIMG7188.JPG
CIMG7184.JPG
                   「息吹く朝」/竹田康宏



CIMG7196.JPG

CIMG7091.JPG





CIMG7148.JPG
赤坂プリンスクラシックハウス(赤坂プリンス旧舘)


CIMG7158.JPG
CIMG7213.JPG
                           「White Deer」/名和晃平




CIMG7133.JPG
プリンセス アレキサンドラ オフ ゙ケントPrincess Alexandra of Kent(英:オースチン)2007年作出


nice!(38)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

春の梢に咲いて会おう~靖国神社 [ちよっと千代田区]

CIMG5736.JPG

来年も桜の季節を当たり前のように
迎えられるという保証はどこにもありません                    


たとえ春の嵐が吹き荒れようと
花粉症や寒暖差で体調がすぐれなくても

今年の桜は今年、しっかりと目に焼きつけておかなくては ・・☆

                    こういう予感を ”虫の知らせ” というのでしょうか
CIMG5775.JPG



CIMG5768.JPGCIMG5894.JPG
CIMG5870.JPGCIMG5808.JPG





東京地方の桜の開花基準となる「標本木」

CIMG5825.JPGCIMG5815.JPG



CIMG5849.JPG
CIMG5891.JPG
                     「靖國神社」千代田区九段北3-1-1



CIMG5823.JPG

護国の英霊250万柱を祀る「靖国神社」の境内に植えられた

骨太で苔生した桜の木のほとんどは

CIMG5840.JPGCIMG5793.JPG
CIMG5834.JPG

戦後を生き延びたそれぞれの戦友会によって

献納された桜でした

CIMG5789.JPG


 貴様と俺とは同期の桜
 同じ航空隊の庭に咲く

 あれほど誓った その日も待たず
 なぜに死んだか 散ったのか


CIMG5797.JPG
CIMG5787.JPG
CIMG5799.JPG

むかし我が家に初めてステレオがやってきた日 
父が真っ先に選んだ「軍歌」のレコードをわたしはとても気に入って

繰り返し聴いて覚えて
幼心に刻まれた曲が時を越え蘇ってきました

CIMG5897.JPG


CIMG5824.JPG
CIMG5864.JPG


 離れ離れに散ろうとも

 花の都の 靖国神社
 春の梢に 咲いて会おう


CIMG5837.JPG


nice!(44)  コメント(11) 
共通テーマ:地域

御茶ノ水ぶらり小散歩 [ちよっと千代田区]

CIMG4558.JPG

久しぶりにJR御茶ノ水駅へ降り立ったら「聖橋口」に
大型複合施設が建ってて(4年前に)

すっかり新しく、高く、キレイになってました

CIMG4568.JPG   
             「WATERRAS(ワテラス)」千代田区神田淡路町2-101,105



ビルとビルの谷間にはステキな「蔵」もあって

CIMG4553.JPGCIMG4692.JPG


CIMG4686.JPG

もと書籍商の「書庫蔵」だったものが
CIMG4674.JPGCIMG4679.JPG

移築されてギャラリーとして再利用されているそうです

CIMG4684.JPG
CIMG4690.JPG






駅前の再開発はすすんでも
残っているものも。。

聖橋口から信号渡ってすぐのところにある、木の神社 ?

CIMG4569.JPG
CIMG4571.JPG
    太田姫神社元宮のご神木「一口(いもあらい)神社跡地」






せっかくなので、ニッポン学校教育発祥の地「湯島聖堂」に立ち寄って

重量約1.5トンという世界最大の孔子像を見学して

CIMG4672.JPG
                   「湯島聖堂」文京区湯島1-4-25



そろそろどこかお店に入ろうかなと

CIMG4579.JPGCIMG4574.JPG
                        「画廊喫茶ミロ」千代田区神田駿河台2-4-6

1955(昭和30)年創業の老舗喫茶店
ミロへ行ったけど、カウンターに下げた食器が山積みになってるのをみて

これは時間かかるなと思って、あきらめて外へ。。

CIMG4591.JPG
CIMG4595.JPG



仕方がないので
ふたたび聖橋口の大型複合施設へ戻って

どこにでもありそうなお店に入ってありきたりなメニューたのんで

CIMG4697.JPG


ハッパと氷だらけのモヒートを〆で飲んで帰りました

CIMG4737.JPG
           「御茶ノ水ソラシティ」千代田区神田駿河台4-6



nice!(46)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

うつつに夢見る君の~ニコライ堂 [ちよっと千代田区]

CIMG4516.JPG
CIMG4466.JPG


御茶ノ水の都市景観のなかにあって

時代や場所を超越したかのような「ニコライ堂」の雄姿

CIMG4550.JPG

今までその内部には一度も入ったことがなかったので

CIMG4665.JPG

300円を献金しロウソクを1本受け取って

中世ヨーロッパみたいな雰囲気の聖堂内を拝観してきました

CIMG4494.JPG
CIMG4460.JPG
  日本ハリストス(キリスト)正教会教団「東京復活大聖堂」通称:ニコライ堂
                         千代田区神田駿河台4-1-3

      拝観時間 夏季(4~9月) 13:00~16:00
           冬季(10~3月) 13:00~15.30 ※ 内部の撮影禁止

CIMG4495.JPG
CIMG4671.JPG

印象的だったのは
イコンという一枚の板に描かれた聖像画を「天国の窓」と呼んで

イコンを通じて祈るということ

CIMG4509.JPG
CIMG4537.JPG

この日は特に寒い日だったので・・



2台あるストーブがあたたかくて、居心地がよくて

長椅子に座ってすっかりくつろいでしまい
拝観終了時間ギリギリまで

厳かで穏やかな時間にとっぷりと浸ってきたのでした☆

CIMG4546.JPG



nice!(45)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

東京だよおっ母さん~皇居外苑 [ちよっと千代田区]

CIMG1467.JPG

田舎から上京してきた母親を東京名所へ案内するなら、まずはここ


「東京だよおっ母さん」

CIMG1439.JPG
                    「皇居正門鉄橋(二重橋)」


CIMG1453.JPG

その昔、わたしも母と一緒に観光しました

皇居外苑

CIMG1424.JPG


CIMG1400.JPG
CIMG1404.JPG
                       「桜田二重櫓(巽櫓たつみやぐら)」



CIMG1416.JPG




マラソンランナーが次々と軽やかな足取りでくぐり抜けていくこの門は

CIMG1483.JPG

歴史の教科書にのってた

1860年3月3日大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺された桜田門

CIMG1486.JPG
                           「旧江戸城 外桜田門」



そして桜田門のすぐ目の前には、警察もののドラマでおなじみの建物

CIMG1478.JPG
CIMG1496.JPG
                       「警視庁本部庁舎」




CIMG1549.JPG



CIMG1515.JPG
CIMG1554.JPG

銅像の「楠木正成」が

ナニ時代のどんな人だったか思い出せなくてもやもやしてたら

CIMG1530.JPG
CIMG1522.JPG

はとバスのバスガイドさんのわかりやすい説明が聞こえてきて、スッキリ☆

CIMG1562-1.JPG
CIMG1636.JPG



帰りに、東京駅のエキナカ「エキュート」で

CIMG1637.JPG


CIMG1638.JPG
  「つきじ喜代村」/3色弁当(いくら・鮭ハラス・マグロテールのチャーシュー)1,100円

CIMG1656.JPG
          「東京あんぱん 豆一豆(まめいちず)」/豆褒美 257円

駅弁とあんパンを購入

nice!(41)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

天守のない江戸城趾~皇居東御苑 [ちよっと千代田区]

CIMG1200-1.JPG

秋のサクラ「十月桜」が秋雨の中ひそやかに咲くころ


江戸城趾~皇居東御苑へ行ってきました

CIMG1190.JPG
                    「皇居東御苑」千代田区千代田1-1


大手門や百人番所、天守台、大奥跡など

CIMG1208.JPG
CIMG1245.JPG

徳川将軍家の中枢~江戸城の本丸・二の丸・三の丸の面影を
様々にのこす「皇居東御苑」は


東京駅からひじょうにアクセスが良く

CIMG1207.JPG

CIMG1257.JPG
CIMG1253.JPG


海外から訪れる観光客にたいへん人気のスポットです

CIMG1274.JPG
CIMG1252.JPG


石垣のカゲから、番所のウラから

CIMG1261.JPG

「サムライ」や「ニンジャ」がふいにあらわれる気がして......☆





CIMG1228.JPG
CIMG1291.JPG
CIMG1231.JPG




四代将軍家綱の代に起きた

当時の江戸の大半を焼失するに至った大火災「明暦の大火」で焼失した天守は

CIMG1232.JPG

江戸市中の復興工事を優先したため、再建されませんでした




CIMG1240.JPG
CIMG1233.JPG

武威の象徴である将軍家の天守が
以後もずっと再建されなかったのは、天下泰平の証



天守のない江戸城趾だからこそ
世界に誇る、平和を象徴する日本の風景かもしれません

CIMG1243.JPG



nice!(39)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

国会図書館カレー [ちよっと千代田区]

CIMG7952.JPG

通行人の数より警察官の数のほうが多い! ...この辺り

休日(土曜日)のリラックスモードとは無縁の
ピリッとした緊張感



国会議事堂と最高裁判所に挟まれた、永田町の国会図書館へ行って来ました

CIMG7934.JPG
                  「国立国会図書館」千代田区永田町1-10-1
                        9:30〜19:00(土曜〜17:00)
                          日曜・祝日・第3水曜・休

        
CIMG7938.JPGCIMG7956.JPG


国立国会図書館とは

国会の立法活動に奉仕することを第一の使命・任務とする議会図書館で


「納本制度」といって

国内で発行された出版物は、すべて
国立国会図書館に納入することが法律で義務づけられています


網羅的に収集された出版物は、永く後世に伝えるため整理・保管され

国民の閲覧要請にも応じています


CIMG7928.JPG

ということで、じつは誰でも無料で利用できる国会図書館



まずは、新館受付で利用者登録(有効期間3年)を済ませると

ロッカーに荷物を預け
備え付けの透明なビニール袋へ貴重品や筆記用具などを入れて

駅の自動改札機みたいのに会員証をかざして入館します

CIMG7977.JPG

端末機のカードリーダーに会員証をセットし

資料を検索して、お目当ての本や雑誌等が見つかったら
そのまま端末機で閲覧の申請をします

20〜30分後、貸出の準備ができたら端末機に情報が届くので

指定の窓口へ受け取りに行きます

CIMG7936.JPG

仕事で必要に迫られ、休日返上で
はじめて利用した国会図書館

最初はシステムと雰囲気に戸惑ったけど、慣れればけっこう使えそう


次回はプライベートで、レアな漫画本でも読みにこようかな





さて、調べモノの合間には6階にある食堂で、ごはんタイム

国会カレー6.jpg図書館カレー18.jpg

館内は撮影禁止だけど...
久々に、わたしのいっちょうらのガラパゴス携帯カメラで、こっそりパチリ☆


「図書館カレー」570円
図書館カレー19.jpg

カレーと牛どんに挟まれたごはんを、どっち?をおかずに食べるのか ??

あんばいがよくわからず、けっきょく最後
カレーのルウだけが大量に残ってしまうという、痛恨のミス★

nice!(55)  コメント(13) 
共通テーマ:地域

逢魔が時の将門首塚 [ちよっと千代田区]

会社で”至急”の調べモノがあって

休日を返上して図書館めぐりをしましたが.....思うような収穫が無くて



ガックシきて、逢魔が時(夕刻)の大手町をとぼとぼ歩いてたら

CIMG7910.JPG

灰色のビル街には似つかわしくない

お線香の、かぐわしい香りが☆

CIMG7914.JPG
                        「将門塚」千代田区大手町1-2-1


四方八方、工事中の仮囲いだらけで
埃っぽいビルとビルの谷間でありながら


そこだけ澄んだ、ぴんと張りつめた空気が漂っているようで...

CIMG7915.JPG

休日のオフィス街にもかかわらず
次から次へと.....お参りにくる人が絶えない

そしてどの人も礼儀正しくてひじょうに神妙な面持ち




わたしのように、ただ、興味本位で

ブログ用の写真を撮れるような場所では決してないのである (撮ったけど)

CIMG7913.JPG
                   ※ 云わずと知れた日本三大怨霊のひとり、平将門の首塚



東京都文化財 将門首塚の由来

 今を去ること壱千五拾有余年の昔 桓武天皇五代の皇胤鎮守府将軍平良将の子 将門は 下総国に兵を起し 忽ちにして坂東八ヵ国を平定 自ら平新皇と称して政治の革新を図ったが 平貞盛と藤原秀郷の奇襲を受け 馬上陣頭に戦って憤死した 享年三十八歳であった 世にこれを天慶の乱という。
 将門の首級は京都に送られ 獄門に架けられたが 三日後 白光を放って東方に飛び去り 武蔵国豊島郡芝崎に落ちた 大地は鳴動し太陽も光を失って暗夜のようになったという 村人は恐怖して塚を築いて埋葬した これ即ち この場所であり 将門の首塚と語り伝えられている。
 その後もしばしば将門の怨霊が祟りを為すため 徳治二年時宗二祖真教上人は 将門に蓮阿弥陀佛という法号を追贈し 塚前に板石塔婆を建てゝ日輪寺に供養し さらに傍の神田明神に その霊を合せ祀ったので漸く将門の霊魂も鎮まりこの地の守護神になったという。
 天慶の乱の頃は平安期の中期に当り 京都では藤原氏が政権を欲しいまゝにして我世の春を謳歌していたが 遠い坂東では 国々の司が私欲に汲々として善政を忘れ 下僚は収奪に民の膏血をしぼり 加えて洪水や旱魃が相続き 人民は食なく衣なく その窮状は言語に絶するものがあった その為 これらの力の弱い多くの人々が 将門に寄せた期待と同情とは極めて大きなものがあったので 今もって関東地方には数多くの伝説と将門を祀る神社がある このことは 将門が歴史上朝敵と呼ばれながら 実は郷土の勇士であったことを証明しているものである また 天慶の乱は武士の台頭の烽火であると共に 弱きを助け 悪を挫く江戸っ子の気風となって その影響するところは社会的にも極めて大きい 茲にその由来を塚前に記す。
                               史蹟 将門塚保存会


CIMG7917.JPG



さて次週は

生まれてはじめて永田町の「国立国会図書館」へ行ってとても緊張した〜☆の巻です

nice!(55)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

芹沢銈介のいろは展 [ちよっと千代田区]

「地方創生」政策の一環として

金沢への移転が決まった「東京国立近代美術館 工芸館」へ

CIMG4984.JPG
                             「東京国立近代美術館 工芸館」千代田区北の丸公園1-1


「芹沢銈介のいろは」展を観に行ってきました

CIMG4877.JPG
               「芹沢銈介のいろは ―金子量重コレクション」 2016.3.5~5.8



芹沢銈介(1895~1984)は

CIMG4808.JPG

静岡市の呉服商の家に生まれ
東京高等工業学校(現・東京工業大学)で工業図案を学び

のちに「型絵染」の第一人者となった染色家です

CIMG4767.JPG
CIMG4827.JPG

「型染」が、型彫り・型つけ・染め
それぞれの専門家によって分業でおこなわれるのに対して

そのすべての工程を一貫して一人でおこなうのが「型絵染」と呼ばれる技法です

CIMG4780.JPG

型をデザインし、彫り、糊置きから、染めまで
制作工程を一人でこなしてこそ自らの文様は完成するのだという芹沢銈介の思想と技術は



1956年、重要無形文化財保持者 ~人間国宝 として認定されました

CIMG4902.JPG
CIMG4899.JPG


「いろは」の文字は、芹沢銈介の代表的な図案のひとつです

CIMG4771.JPG
CIMG4776.JPG
CIMG4765.JPG


CIMG4806.JPG



 モノの ”価値の基準は値段や時代や稀少性ではなく

              造形としての存在のしかたが自分にとってどうかということ”



CIMG4906.JPG

民藝(民衆的工芸)思想 ~”用の美” に魅せられた芹沢銈介は


着物・帯・屏風・暖簾・本の装丁や挿絵・カレンダー等々
わたしたちの生活の中で用いられるモノを数多く制作しました

CIMG4856.JPG
CIMG4853.JPG
CIMG4835.JPG
CIMG4830.JPG
CIMG4848.JPG

子供の頃、黒電話の下に敷いてあったクロスがこんな柄だったなあとか
暖簾はたしか、この柄と同じだったかも ! とか


懐かしさを誘う文様に思わず立ち止まってばかり^^でした

CIMG4942.JPG
CIMG4819.JPG


CIMG4804.JPG
CIMG4817.JPG


CIMG4929.JPG
CIMG4916.JPG
CIMG4934.JPG


CIMG4938.JPG




絵本どんきほうて

CIMG4802.JPG

鎌倉時代の武士に置き換えられた、和製どんきほうてが

作男の ”さんちょを従へて廻国の門出"

CIMG4810.JPG
CIMG4814.JPG



風車ではなく水車へ突撃☆  ”世に名も髙き初の手合はせ”

CIMG4815.JPG



nice!(45)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

錯覚美術館 [ちよっと千代田区]

週にいちど、土曜日にしか開いてない

飾りっ気のない「美術館」へ行って、ちよっと中を、のぞいてきました☆
CIMG5344.JPG
CIMG5351.JPG


明治大学の

先端数理・・なんちゃらっていう、(ムズかしそーな)研究チームが
CIMG5287.JPG

ふだん、研究室として使用している施設を

毎週土曜日のみ一般公開して



「計算錯覚学」という

新しい研究分野のなかで創作された”錯覚作品”を展示している、レア~な美術館です
CIMG5389-1.jpg
CIMG5366.JPG
                                    明治大学公式キャラクター「めいじろう」




女の子の右目と左目は、実際はどちらも同じ色(グレイ)なのですが
CIMG5358-1.jpg

片方にフィルターをかけることで、異なった色に見えマス
CIMG5361-1.jpg

このような現象は色の恒常性といって

脳の視覚系は照明やフィルターの色味を補正して
対象の本当の色を知覚することを意味します。 うん 。 ・・で、  どういう意味?
CIMG5334.JPG

・・・ムズかしい言葉は、あたまに入ってこない「体質」なので

解説を何度読んでも、ちんぷんかんぷんですが



それよりも、気になるコトが・・・・・・
CIMG5364-1.jpg
女の子の爪! ちょー怖い(オカルトちっく~★)

      ・・本筋とは関係ないことが、気になって気になって、どうしようもない「気質」なのデス






かまぼこ型凸のルーフ、よく見ると鏡のなかのルーフは凹んでいます
CIMG5302.JPG

じつは、鏡のなかの凹が、本当の形。。。。。。(かまぼこ凸は幻)



「水平と垂直の葛藤」  
CIMG5374.JPG

「矢印の幻惑」  (実際は両方とも凹ですが、右側だけ凸に見えます)CIMG5320.JPG


あんがい・・・私たちの脳や視覚は

ころり、と騙され易いみたい



「文字列傾斜の錯視」
CIMG5310.JPG


私たちは私たちがおもっているいじょうに ”真実を見ていない” のかも



「サクラソウの畑」     酔う、酔う~っCIMG5323.JPG
               




” 抵抗しても無駄です。あなたの視覚は計算済み。”

CIMG5376.JPG
               「錯覚美術館」千代田区神田淡路町1-1 神田クレストビル2F
                       毎週土曜日午前10時~午後5時 開館 入場無料 

nice!(47)  コメント(22) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - ちよっと千代田区 ブログトップ
はっぱ.gif