So-net無料ブログ作成

とんかつ茶漬け〜すずや [歌舞伎町]

CIMG0342.JPG

青森が生んだ日本が誇る世界のムナカタも
こよなく愛したという


一度で二度おいしい、新宿名物「とんかつ茶漬け」 通称「とん茶」
CIMG0364.JPG
               とんかつ茶漬け〜定番醤油味 普通サイズ 1,530円



1954(昭和29)年、創業
2016(平成28)年、ビルの建替えにより

スタイリッシュにリニューアルオープンした、名代とんかつ「新宿すずや」
CIMG0321.JPGCIMG0484.JPG
 
「新宿ずずや本店」
      新宿区歌舞伎町1-23-15
          SUZUYAビル5階




CIMG0335.JPG

創業者ご夫婦と親交の深かった板画家「棟方志功」が寄贈した

お店のメニューの表紙絵がコチラ 

CIMG0331.JPG



CIMG0323.JPG

とんかつ茶漬けは、1950年代のまだ電子レンジもない時代に
冷えてしまったとんかつを暖かくして食べようと

お茶をかけたのが始まりの、まかないがルーツの一品です

CIMG0354.JPG


では早速

お店おすすめの召し上がり方に従って、いただきまーす
CIMG0325.JPG

まずはふつうにごはんのおかずとして  てんこもりのキャベツはおかわり自由
CIMG0377.JPG

とんかつが残り3切れとなったところで、ごはんの上にのっけて
CIMG0412.JPG

静岡産の番茶投入!
CIMG0398.JPG

おしんこや梅干しもついでに投入!!
CIMG0431.JPG

鉄板で焼かれ香ばしいチョット濃い目の醤油味の効いたとんかつが
お茶漬けにするとちょうどいいアッサリ加減
      とんかつがゴロゴロしてるので、お茶漬けサラサラ〜というわけにはいかないけど




おゴッチそうさまでしたぁ
CIMG0437.JPG







シカシ、どうして

揚げたてサクサクのとんかつを、わざわざお茶漬けに..........

と、思われるかたもなかにはいらっしゃるとおもいます(正直、何人かは)



CIMG0447.JPG

だけど、名物だもの ふかく考えないで


新宿へいらしたら一度は味わってみていただきたいとおもいます
CIMG0388.JPG






建替え前のオレンジ色の看板が今となっては懐かしい、すずや
CIMG0307.JPG
CIMG0482.JPG

すっかり近代的に、フツーになってしまったけど


新宿で過ごした青春のしょっぱい味は変わらない、すずやのとんかつ茶漬け
CIMG3797.JPG


nice!(46)  コメント(14) 
共通テーマ:地域

百灯繚乱×百段階段〜清方の間 [さんまの目黒区]

CIMG9070.JPG

ニッポン初の総合結婚式場、目黒雅叙園(創業80年)で

2016夏に開催されたイベント 

CIMG9124.JPG
CIMG9087.JPG
           すみだ水族館/「竜宮城のアクアリウム」



和のあかり×百段階段 レポートも、やっと今週で最終回デス  ハ〜長かった★
CIMG9063.JPG
                  京都府京都市 美濃利柳瀬商店/「千鳥提灯」



CIMG9105.JPG
CIMG9151.JPG
                   山口県柳井市/「柳井金魚ちょうちん祭り」


和のあかりに灯された

全国各地のお祭りや伝統芸能、職人技やアートの数々を
アレもコレもひとまとめに鑑賞することができて

とても贅沢でマバユいひとときでした☆

CIMG9823.JPG
                       秋田県秋田市/「秋田竿燈まつり」



CIMG9563.JPG
CIMG9571.JPG
                          島根県浜田市/「石見神楽」


なかでも、舞台となった「百段階段」と

意匠を凝らした
七つの部屋の装飾はとくに印象にのこりました

CIMG9582.JPG



わたしが一番気にいったのは、コチラ「清方の間」

CIMG9718.JPG

”西の松園、東の清方”と云われ、伊東深水の師でもある

美人画の大家「鏑木清方〜かぶらき きよかた」

CIMG0514.JPG

明治から昭和にかけて活躍した鏑木清方は

過ぎ去った江戸、去りゆく明治の
情緒・風俗・自然を、美人画に託し描いた日本画家です

CIMG9589.JPG
                        「四季美人図 娘道成寺」

CIMG9704.JPG
                        「四季美人図 雪しぐれ」

そんな清方が愛着をもって造ったという茶室風の室の
欄間には四季風俗美人画

神代杉と秋田杉の網代天井にはめ込まれた扇面形柾目板には四季草花が描かれ

CIMG9585.JPG

組子や障子建具など凝りに凝った細心の造りとともに

見応え十分、こころ魅かれるお部屋でした☆

CIMG9558.JPG




本当はひと部屋ひと部屋
もっとゆっくりじっくり見て回りたかったけど

はとバスのコースにもなってるらしい、人気の文化財なので...

CIMG9646.JPG
                         切り絵作家 早川鉄兵/「息吹の森」


CIMG9624.JPG
CIMG9613.JPGCIMG9629.JPG
CIMG9631.JPGCIMG9680.JPG

CIMG9662.JPG
CIMG9694.JPG

次から次へと押しよせてくる人の波に、集中力は短時間で途切れ



そろそろ限界〜と息切れしながら

百段階段を上りきった、頂上の、つきあたりの間には

CIMG9714.JPG
CIMG9673.JPG

ナなんと、銭湯が!?

CIMG9672.JPG


いい湯だな〜   は〜ぁ、ビバノンノン          お疲れちゃん☆

CIMG9668.JPG
               銭湯ペンキ絵師 田中みずき/「銭湯絵 目黒の湯」


nice!(36)  コメント(11) 
共通テーマ:地域

百灯繚乱×百段階段〜漁樵の間 [さんまの目黒区]

CIMG9261.JPG

誰ですかぁ、センセイの大事な「えんま帳」に

イタズラ書きをしたのは★





キミですか、赤鬼クン          ちちち違います、えん魔センセイ     
CIMG9266.JPG


じゃあ青龍クン、キミですか       ボクじゃありません!えん魔センセイ     
CIMG9282.JPG

えん魔センセイのえんま帳にイタズラ書きするなんて
CIMG9280.JPG


そんな大それたこと小心者のボクらにできるわけないじゃないですかっ 
CIMG9274.JPG





では他にいったい誰がいるっていうんですか、この部屋にCIMG9272.JPG  
                ウッ、そ、それは   ・・・・・




嘘をつく悪い子は舌を抜きま〜す〜よ〜
CIMG9263.JPG



えええええええぇ、しっ、舌を.....!
CIMG9279.JPG

ぬぬぬ抜く.......ぬくぅぅ !?      
CIMG9278.JPG












ハーイ、犯人はボクです

     .....と、じつはさっきからずっと手を挙げて自白していたのは
CIMG9258.JPG

目黒雅叙園、百段階段「漁樵の間」の床柱に80年前から装飾されている

彫刻の樵夫(きこり)クン 



「和のあかり×百段階段」のイベント期間中
青森ねぶたの閻魔大王・赤鬼・青龍のキャラの濃さにあっとうされて

ほとんど誰にも気づいてもらえない
影のうすーい自分の存在をアピールしたいための ”犯行” だったそうです★


nice!(46)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

百灯繚乱×百段階段〜草丘の間 [さんまの目黒区]

CIMG9322.JPG

草木も眠る丑三つ時



大好きなネズミを追いかけているうちに道に迷ったいたずら好きのネコ

CIMG9748.JPG
CIMG9744.JPGCIMG9336.JPG














そろりと忍びこんだお屋敷の「草丘の間」で見つけたのは
       ※ 草丘の間=日本画家「礒部草丘」の四季花鳥画が格天井や欄間に描かれた部屋

CIMG9730.JPGCIMG9349-1.JPG


お札で封印された古い ”つづら”

CIMG9751.JPG

ネズミはきっとこの中へ逃げ込んだに違いない、ネコは迷わずお札を剥がし



開かずのつづらの箱の蓋を開けてしまいました

CIMG9750.JPG
           妖怪絵師 満尾洋之/「平成 百鬼夜行 立体絵巻」





CIMG9367.JPG 


いたずらネコが開けた箱はあっというまに崩れ

CIMG9767.JPG


CIMG9307.JPGCIMG9338.JPG
CIMG9332.JPG

なかから飛び出してきたのはたくさんの妖怪たち



いたずらネコはびっくり仰天おどろきました

CIMG9779.JPG


CIMG9319.JPGCIMG9759.JPG
CIMG9777.JPG


CIMG9799.JPG






妖怪たちの大行列に飲み込まれたネコは

だんだん楽しくなってきました

CIMG9821-1.JPGCIMG9794.JPG
CIMG9819-1.JPG

気が付くといたずらネコも妖怪に

立派な妖怪ネコの誕生です







楽しい時間はあっという間

CIMG9795.JPG


遠くの空から眩しい太陽が昇ってきました

CIMG9357.JPG
CIMG9734.JPG

いたずらネコはお腹がすいて目が覚めました  おしまい







因みに「妖怪絵師」といえば...

こちらが江戸時代の妖怪絵師、鳥山石燕が描いた川獺    
川獺.jpg
                「画図百鬼夜行:前篇陰」より


昭和の妖怪絵師、水木しげるバージョンの川獺
CIMG1277.JPG
                鬼太郎茶屋深大寺店「妖怪ギャラリー」にて


そして現代

CIMG9303.JPG
CIMG9739.JPG

平成の妖怪絵師、満尾洋之バージョンの川獺
CIMG9741.JPG

江戸・昭和・平成

さてどの時代の妖怪がお好みでしょうか


nice!(47)  コメント(8) 
共通テーマ:地域
はっぱ.gif