So-net無料ブログ作成

吾輩は黒猫のペーパーカップである。 [早稲田]

CIMG0386.JPG

新宿区で生まれ新宿区で亡くなった夏目漱石の
生誕150周年にあたる2017.9.24

漱石終焉の地、新宿区早稲田南町に「漱石山房記念館」が開館しました

CIMG0443.JPGCIMG0434.JPG
CIMG0374.JPG
                     「新宿区立 漱石山房記念館」新宿区早稲田南町7


晩年の9年間を過ごした、この地で
漱石は「三四郎」「それから」「こころ」などを執筆しました

CIMG0420.JPG

1945.5.25の空襲で焼失した漱石山房を再現した記念館ですが
残念ながら展示室の撮影は禁止★

なので、併設するブックカフェ「CAFE SOSEKI」を撮ってきました

CIMG0410.JPG

吾輩は黒猫のペーパーカップである。

CIMG0403.JPG

名前はまだ無い。

後ろ姿がキュートである。と、人間たちのウワサの的である。

CIMG0391.JPG
CIMG0395.JPG

夏目漱石の本は、学生のころ読んだハズだけど
ほとんど忘れてしまってて


CIMG0397.JPG

ただ草枕のこのフレーズだけは、折に触れ、いまでも反復しています

智に働けば角が立つ。
情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。
兎角に人の世は住みにくい。  -草枕ー





さて、漱石山房のオープンからわずか数日後
こちらの建物はすぐ近くにオープンした彌生ちゃんの美術館

CIMG0363.JPG
                      「草間彌生美術館」新宿区弁天町107

チケットがオンライン事前購入のみってことで
思い立ってふらっと行けるタイプじゃないし・・なんとなく面倒くさいので彌生ちゃんは好きだけど

やっぱ、しばらく行かないかも★

nice!(36)  コメント(9) 

nice! 36

コメント 9

しばちゃん2cv

生誕百五十周年ということは、明治元年の前の年にお生まれになったのですね。
by しばちゃん2cv (2017-11-05 17:34) 

こじろう

夏目漱石はあまり読んでないけど,吾輩は猫であるは子供の頃に読んで,猫の最後が酷すぎて泣いた覚えがあるな。
一番好きなのは,教科書にも載ってた「こころ」。
感銘したのは「しかし、しかし君、恋は罪悪ですよ。わかっていますか?」。

彌生ちゃんの美術館はオープンしてすぐの頃は簡単に予約が取れたみたいだな。
今は数カ月待ちらしいから「まぁ,そこまで無理して・・・」って感じになっちゃうよなぁ~( ;´Д`)
by こじろう (2017-11-05 20:27) 

marine

はなだ雲さん今晩わ。漱石ゆかりの早稲田南町も弁天町も30歳まで暮らした早稲田鶴巻町のすぐ近くでした。懐かしくなって思わずコメントさせて頂きました。ありがとうございます。
by marine (2017-11-06 01:01) 

ぼんぼちぼちぼち

漱石山房記念館でやすか。
漱石はファンが多いから繁盛しそうでやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-11-07 19:39) 

yes_hama

黒猫柄の紙カップ、洗って持ち帰りたくなりますー。^^;
夏目漱石「吾輩は・・・」、子供のころ読んだ記憶がありますが
本当に、”読んだ記憶がある”程度の”記憶”しかありません。
また読み直してみようかなあ。
by yes_hama (2017-11-07 21:28) 

song4u

雲ちゃん、こんばんは♪
今夜はまだ早いのに既にもう出来上がってる感じなので(すまんデス)、
なるべく失礼のないように心掛けますが、もしも時はご勘弁ねm(_)m
これを書いたら寝ようと思いま~す!^^;

草枕の冒頭、正確に言うと2行目だと思うのですが、
これは漱石さん渾身の名セリフではないでしょうかね?
草枕・・・枕つながりで言うわけじゃありませんが、落語で言えば
枕詞にも通ずる、あくまでも短くどこまでも深い名調子ですよね!
漱石さんの作風をひとことで総括してると言ったら言いすぎかなあ?

漱石さんと言えば、意味もなく覚えた・・・三四郎、それから、門。
何なんでしょうかね、ほとんどもう呪文のようですね。
意味もワケも全然分かっていないんだけど、とにかく覚えました。
三四郎、それから、門・・・三四郎、それから、門。
どれひとつとして読んでいないので、本当のところは全然知りません。
読んだのは坊っちゃんと草枕。虞美人草も読みたかったけど(読んでない)。
考えてみたら、今よりも高校時代のほうがよっぽど読書家だったなァ。

夏目さんと言えば、夏目三久さん(ご存知ですか?)。
彼女の父上さまは、ぼくと同級生なんです(トシが一緒と言うだけですヨ)。
何にしても、夏目という姓は「おっ?」と思いますよね。
あ、今思い出した。若くして亡くなった夏目雅子さん!
漱石さんと何か関係があったら凄いと思うけど、きっと無いんだろうなあ。

ごめんね、意味も無い話をダラダラと。
何故か今夜は一方的にそういう気分になりました。
あいすみませんデス^^;
by song4u (2017-11-11 21:58) 

はなだ雲

しばちゃん2cvさん、こんにちは
夏目漱石が生まれたのが150年前ということは1867年
明治時代が1868年~ということなので
明治元年の前の年にお生まれになった!で間違いないです♪

こじろうさん、こんにちは
「吾輩は猫である」を読んで
ラストで泣いたご経験があるなんて
まっとうな幼少期を過ごしてこられたんですね♪
わたしは中学か高校のときに読んで
こういうニンゲンの言葉をしゃべるような特殊な猫は
早々に抹殺されるとか
長生きできないような気がして心配だったけど
ラストはああやっぱりネ・・という
諦めの気持ちですんなりナットクしてしまいました★
「こころ」が一番すきでしたか♪
新しくできた彌生ちゃんの美術館は
じつはうちから歩いていける距離なのですが
ネットで予約してチケット買うのが億劫で億劫で億劫で・・

marineさん、こんにちは
早稲田鶴巻町は近いです~♪
marineさんの御実家は早大ちかくで下宿屋さんを
営まれてたんでしたよね♪

ぼんぼちさん、こんにちは
夏目漱石の記念館はオープンしたてというのもあるけど
けっこう混んでました
そして知的な人が多かったようにおもいました

yes_hamaさん、こんにちは
わたしもこの紙カップ、欲しくてほしくて
持って帰ってもいいですか?と
お店の人に言おうと喉元まで出かかったけど
ギリギリのところで思いとどまりました(後悔)
わたしも夏目漱石の本、ほとんど憶えてないので
読み直してみたいなとしみじみ思いました

song4uさん、こんにちは
お酒を飲んで眠りにつくまえの貴重なひとときに
コメント書いていただいて、ありがとうございます♪
草枕の”智に働けば~”「名調子」ですね!
日々の生活のなかで、つまづいたときなんか
”兎角この世は住みにくい~”と
なんどもこころのなかで繰り返したりしています笑
夏目雅子はよく知っていますが
夏目三久サン?知りません~
たしかに夏目姓だと漱石の子孫か?とまず思ってしまいますが
知っているのは房之介サンくらいかな
あと半藤末利子サン^^
by はなだ雲 (2017-11-12 16:45) 

すぴーどきんぐ

今年、没後100年なのに、あまり盛り上がってないよねー(´-`)
こないだ松山に行ったのだけど(もちろん目当ては松山城)、20年前に行った時と温度感は同じだった。。。
by すぴーどきんぐ (2017-11-12 21:12) 

はなだ雲

すぴーどきんぐさん、こんにちは
松山!道後温泉へ行かれたんですか
わたしも20年くらい前に行きました~
没後100年の記念の年ですが
あんま盛り上がってなかったんですね★
by はなだ雲 (2017-11-19 08:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

はっぱ.gif