So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

光零れる海中体験~すみだ水族館 [江戸下町旅情]

CIMG2442.JPG
CIMG2600.JPG

すみだ水族館のペンギンプールエリア一帯が

深い、光の海に包まれているような

CIMG2284.JPG

不思議な海中世界体験イルミネーションイベント

CIMG2435.JPGCIMG2436.JPG
CIMG2252.JPG
       「CRYSTAL SEAWORLD~きらめく海中世界~」2017.12..2~2018.2.3


高さ約6mのオブジェが放つ光と反射が

CIMG2395.JPG
CIMG2592.JPGCIMG2596-1.JPG
ミラーボールの光の粒と相俟って
零れる光の海を、ペンギンたちと一緒に漂っている
そんな幻想的な海中体験でした   kaic15_01.gifkaic15_04.gifkaic15_05.gif

CIMG2253.JPGCIMG2243.JPG
CIMG2447.JPGCIMG2432-1.jpg
CIMG2454.JPGCIMG2446.JPG
CIMG2452.JPGCIMG2456.JPG


CIMG2272.JPG
CIMG2274.JPG




CIMG2406.JPG
         「すみだ水族館」墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン ソラマチ5~6F


nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

まんぢうカフェの看板ネコ~麦マル2 [神楽坂 Home]

CIMG1745-1.JPG
CIMG1746.JPG

まっ、眩ばゆい ☆

冬の西日って、どうしてこんなに眩しいんでしょう ねぇ★

CIMG1754.JPG


CIMG2040.JPG
CIMG2095-1.JPGCIMG2049.JPG







自己紹介が遅れました
わたくし神楽坂、まんぢうカフェの看板ネコ

「寸(スン)」といいます

CIMG1755.JPG
CIMG1763.JPG
            まんぢうカフェ「麦マル2」新宿区神楽坂5-20



こちらは、兄の「トン」

CIMG7079.JPG
CIMG7077.JPG

人当たりの良い兄は本業(看板ネコ)の他に

神楽坂の街角ネコとして、モデル業にも精をだしています

CIMG7057.JPG

気ぶんが乗ってくると

知りつくした路地裏をボランティアで案内する

CIMG7068-1.jpg
CIMG7072.JPG

ガイドウォーク猫として活躍する日もあります

CIMG7088.JPG


毛並みが、石畳とほぼ同系色のため
石畳に溶け込みすぎて、たま~に観光客の方々に

「わぁ!こんなところネコがいたっっ」って、ビックリされることもあるみたいです

CIMG7071-1.JPG


nice!(38)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

新宿三丁目の関の鉄砲(ふぐ) [新宿末廣亭]

CIMG2006.JPG
CIMG2022.JPG


いろんなジャンルの飲食店が交錯(クロス)する

CIMG2105-1.JPG

新宿三丁目クロスビル2階にあるフグやさんへ2017年末、行って来ました

CIMG2109-1.JPGCIMG2054-1.JPG

「玄品ふぐ 新宿三丁目の関」
       新宿区新宿3-8-2 クロスビル 2F




てっさやてっちりもいいけど

フグやさんでいちばん嬉しいのが「ひれ酒」なのでございます ・・☆

CIMG2015.JPG
CIMG2017-1.JPG
CIMG2020.JPG

アッチチで香ばしいひれ酒をチビリチビリやりながら



お店のペーパーランチョンに書かれてる
珍説 ふぐ論考 に、改めて目を通してみました

CIMG2005.JPG

  昔カラふぐニ関シテノ諺ニ
  ふぐ食フ馬鹿ニ食ワヌ馬鹿トカ ふぐハ食イ度シ命ハ惜シシ
  等ト 何レモふぐノ抜群ノ美味サト 又ふぐハ昔
  鉄砲トモ謂ワレマシタ様ニ 万一ノ時ノ怖サニ就イテノ事ヲ言ヒマシタ

  ガ 其レハ調理法未熟ノ往昔ノ話 ・・・




それはまだふぐの調理法が未熟だった江戸時代のころの一席

CIMG2000.JPGCIMG1518.JPG
CIMG2110.JPG
                落語色物定席「新宿末廣亭」新宿区新宿3-6-12


ある男の家に久々に訪ねて来た客人をもてなすため
男の妻が酒と鍋を用意したものの
この鍋に入っていたのはフグだったため
男も客人も怖がってなかなか箸をつけようとしません。
そこに、物乞いが「お余りを、お余りを」と現れたため
「ちょうど良かった、物乞いが何ともなかったら我々も食べよう」と
ふぐ鍋をよそって物乞いに分け与えました。
客人が物乞いの後をつけて様子をうかがってみたところ
皿は空になり気持ち良さそうに寝息を立てて寝ていたため
家に戻り男へその様子を報告しました。
安堵した男と客人は「いち、にの、さん」で同時に鍋のフグを食べました。
その美味しさに驚いたふたりは、競い合うように雑炊までもペロリと平らげたのです。
そこに先ほどの物乞いが現れ
「もう全て召し上がられましたか?」と聞くので
家の男はふぐ鍋の美味しさに味をしめてまた来たんだなと思い
「もうすっかり食べてしまったよ」と伝えました。
すると物乞いはこう言ったそうな。
「そうですか。それならわたしは、これからゆっくりいただきます」

                     -下関ふぐ問屋 酒井商店「ふぐマガ」より-




CIMG1513.JPG

2017年はがんばって、ほぼ月イチペースで「末廣亭」へ通いました ☆

CIMG2204.JPG

そんな私のなかの2017年度ベストワンは、絶滅危惧職:講談師の 神田松之丞サンです
まだなんにも喋ってないのに・・
松之丞サンが言葉を発する前から笑いが止まらないという

なんとも不思議な体験をいたしました


nice!(43)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

おめでたいお飾り尽し~仲見世通り [とうとう台東区]

CIMG1954.JPG.png

2018(戌)年、はじまりは
浅草寺仲見世通りの青い空にぽっかりぽっかり浮かぶ 
おめでたいお正月飾りの写真から 2006_dog11.gif2006_dog12.gif2006_dog13.gif

CIMG1810.JPG




CIMG1792-1.jpg
CIMG1828.JPG



CIMG1834.JPGCIMG1778.JPG
CIMG1780.JPGCIMG1786.JPG






CIMG1783-1.JPG


CIMG1823.JPG
CIMG1835-1.JPG

仲見世通りのしゃれた小物のお店や
人形焼きやお煎餅やお団子屋さんには目もくれず

おめでたいお飾りばかり見て
上ばっかり向いて歩いてたせいか  ・・・・・首に激痛が走り

CIMG1881.JPG

首にお線香の煙をいっしょうけんめい浴びて帰りました



CIMG1842.JPG

2018(戌)年も、宜しくお願い致します 2006_dog15.gif

nice!(38)  コメント(16) 
共通テーマ:地域

邪気をはねる~浅草寺羽子板市 [とうとう台東区]

CIMG1991-2.JPG


きりりと冴えわたる師走の空気と青空のもと

CIMG1874.JPG

毎年12月の17~19日の3日間
浅草寺の五重塔前にたつという歳の市(羽子板市)へ

はじめて行ってみました

CIMG1933.JPG

女の子の健やかな成長をねがって初正月に飾られる押絵羽子板ですが


CIMG1868-1.JPGCIMG1959.JPG
CIMG1869.JPGCIMG1952.JPG






むかしとは、だいぶ

お顔のかんじが変わったような気がします ・・現代風?

CIMG1949-1.JPG




CIMG1957.JPG
CIMG1904.JPG




CIMG1917.JPGCIMG1912.JPG
CIMG1863.JPG

他にも
藤娘と汐汲(松風)にかこまれた、目ヂカラの強い役者モノや

CIMG1948.JPG

2017年話題となった人たちを題材とした
変わり羽子板もありました

ブルゾンちえみの、   地球上に男の数は ・・35億
CIMG1877-2.JPG

一般公開がはじまった上野の赤ちゃんパンダ香々シャンシャン
CIMG1878.JPG

出川哲朗の充電させてもらえませんか? やばいよやばいよ
CIMG1855.JPG



末広がりのおめでたい型のなかに
彩り豊かで巧みな職人ワザがぎゅっとつまった押絵羽子板ワールド

CIMG1950.JPG

羽子板で邪気をはねて
新しい年を縁起よく迎えられたらなぁと願う歳の瀬です hane5.gifhane6.gif

nice!(43)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

エキミセ浅草ハレテラス [とうとう台東区]

CIMG1637.JPG
CIMG1632.JPG

フェンス越しに

東京スカイツリーと隅田川が一望できるベストスポット

CIMG1623.JPG

東京スカイツリーの開業に合わせて
2012年11月、松屋浅草の上層階に浅草EKIMISEが開業し

その屋上にできた展望デッキ「浅草ハレテラス」からの眺望です☆

CIMG1646.JPG
CIMG1579.JPG
                     「浅草ハレテラス」台東区花川戸1-4-1


CIMG1615.JPG


CIMG1645.JPG

この冬、友だちが長年暮らした文京区を離れ
元浅草へお引っ越しして

とうとう台東区民となりました

CIMG1723.JPG

台東区といえば上野にはちょくちょく遊びに行くけど

浅草は10年ぶりくらい

CIMG1727.JPG

ということで今まで縁のなかった浅草との縁が出来て
これから散策の機会も増えるかと思うと

胸わくわくなのです・・☆

CIMG1738.JPG
                「浅草木馬館大衆劇場」台東区浅草2-7-5

nice!(40)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

煌めく花のクリスマスツリー [ちよっと千代田区]

CIMG1435.JPG
CIMG1370.JPG

12月の冷たい空気が肌を刺すようになると

街は、キラキラと煌めいて

CIMG1423-1.jpg
CIMG1425.JPG

クリスマスイルミネーションに幻想的に彩られます
                     xmas_bell.gif  
           
CIMG1418.JPG


CIMG1410.JPG
CIMG1407.JPG

丸の内の
丸ビル1階マルキューブに

フラワーアーティスト ”ニコライ バーグマン” 氏による

CIMG1360.JPG

高さ10m超の花のクリスマスツリーが登場しました

CIMG1380.JPG

もみの木ではなく
タケノコ型(?)の斬新なクリスマスツリー・・☆ whitey_s2.gif 

CIMG1415-1.JPG


CIMG1429.JPG
CIMG1433.JPG
            「Marunouchi Bright Christmas 2017」2017.11.9~12.25
                    「丸の内ビルディング」千代田区丸の内2-4-1



同じくフラワーアーティスト ”ニコライ バーグマン” 氏が手掛ける
花とひかりのシンフォニー「東京ミチテラス2017」が

2017.12.24(日)~12.28(木)17:00~21:00頃、JR東京駅前で開催されます☆

CIMG1374.JPG
CIMG1373.JPG

2017.12.7全面オープンし、ひろびろとした「丸の内駅前広場」から鑑賞する
東京駅舎プロジェクションマッピング

ものすごくいってみたいけどちょっと日程的にむずかしいので、とりあえずご報告まで。

nice!(36)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

視線で花咲くアート展 [ちよっと千代田区]

CIMG1445.JPG

いま話題の人工知能 ”AI” と
アートのコラボ「視線で花咲くアート展」が

CIMG1470.JPGCIMG1493.JPG
CIMG1456.JPG

丸ビルと新丸ビルのあいだの地下通路にある
行幸(ぎょうこう)地下ギャラリーで開催されたので行ってきました

CIMG1438.JPG
            「視線で花咲くアート展」2017.11.13~.26
                「行幸地下ギャラリー」千代田区丸の内2-4-1



CIMG1319.JPG
              
        このお目メのところに立って

視線を動かすと、人工知能が人の視線を読み取って
視線の先にお花を咲かせるという....

CIMG1311-2.JPG
CIMG1318.JPG


そのうちにAIが人のこころを推し量り

CIMG1469.JPGCIMG1484-1.JPG
CIMG1446.JPGCIMG1485.JPG

”忖度”する日が来るのかなぁとおもったら


怖いような・・でも
いろいろと期待せずにはいられないような・・

CIMG1474.JPG
CIMG1478.JPG
CIMG1328.JPG
CIMG1444.JPG


nice!(39)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

晩秋の大花~菊花壇展 [新宿御苑]

CIMG0729.JPG

新宿御苑、年に一度の晴れ舞台

CIMG0861.JPG

皇室ゆかりの伝統を受け継ぐ新宿御苑の「菊花壇展」へ
はじめて行ってきました


CIMG0482.JPGCIMG0526.JPG
                  「新宿御苑」新宿区内藤町11/菊花壇展:2017.11.1~15


”順路に沿ってご覧いただくと
もっとも美しく鑑賞できるようにデザインされています” ということなので

それぞれの菊花壇をキチンと順路とおり観てまわりたいとおもいます



「懸崖(けんがい)作り花壇」
CIMG0570.JPG
CIMG0562.JPG
CIMG0564.JPG

野菊が断崖の岩間から垂れ下がって咲いている姿を模して仕立てます。
御苑独自の青竹を用いた上家と鮮明な菊の花色との調和が
優雅でかつ野趣のある風情をかもしだします。




「伊勢菊、丁子菊、嵯峨菊花壇」
CIMG0592.JPG
CIMG0579.JPGCIMG0584.JPG





伊勢菊と嵯峨菊は「箒作り」、丁子菊は「一六作り」に仕立てます。
地方色あふれる3種の古典菊を配色良く植えこみます。




「大作り花壇」
CIMG0599.JPG
CIMG0606.JPG

一株から数百輪の花が咲くように仕立てる御苑独自の技法です。
花全体が同時に咲きかつ姿かたちがともにそろうなど高度な技術を必要とします。
絢爛豪華な美しさは新宿御苑の菊花壇の白眉です。




「江戸菊花壇」
CIMG0665.JPGCIMG0664.JPG
CIMG0643.JPG

CIMG0693.JPG

江戸菊は江戸時代に江戸(東京)で発達した古典菊です。
花が咲いてから花びらが様々に変化し色彩に富んでいるのが特徴で
「花の変化」を鑑賞する菊です。
新宿御苑の菊花壇のなかでは、もっとも古い歴史があります。




「一文字菊・管物菊花壇」
CIMG0730.JPG
CIMG0722.JPG
CIMG0704.JPG

大輪咲きの一文字菊と管物菊を新宿御苑独自の「手綱植え」の技法に仕立てます。
一花一花の優美さはもちろんのこと花全体の色彩の変化や調和する建物など
花壇全体の総合美を鑑賞します。



あれ

「菊花壇展」順路のとちゅうだけど・・どうしてこんなところに紫陽花が? 
CIMG0743.JPG
CIMG0735.JPG

しかも咲き始め! 季節ハズレすぎる~★




「肥後菊花壇」
CIMG0757.JPG
CIMG0746.JPG
CIMG0753.JPG

九州で発達した肥後菊を秀島流の技法で仕立てます。
青竹の上家や黒土を敷き苔を散らした土間など
清楚な古典菊との調和が落ち着きある独特の風情をかもしだします。




「大菊花壇」
CIMG0847.JPG

CIMG0843.JPGCIMG0814-1.JPG
CIMG0841.JPGCIMG0822.JPG

CIMG0859.JPG

手まりのような形の大菊を御苑独自の「手綱植え」の技法に仕立てます。
一花一花の優美さはもちろんのこと花全体の色彩の変化や
調和する建物など花壇全体の総合美を鑑賞します。




「菊の花」って
そこはかとなく抹香くさいし、花のなかでは地味なイメージ持っていたので

CIMG0555.JPG

菊花壇を鑑賞してる人が
外国人観光客か、中高年齢層ばかりで
ニッポンの若者がほとんどいないことも致し方ないと思ったけど

CIMG0558.JPG
CIMG0550.JPG

晩秋の半月だけ催される御苑の菊花壇展がこんなに格式高く見ごたえがあるってこと

もうちょっと早く気がついても良かったかなぁ



nice!(38)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

神楽坂まち舞台大江戸めぐり2017 [神楽坂 Home]

CIMG9753.JPG
CIMG1164.JPG

”坂と石畳とネコのまち” 神楽坂の、街全体が舞台となって

長唄や雅楽や義太夫
琵琶・尺八・三味線・和太鼓・太神楽などニッポンの伝統芸能を

CIMG1166.JPG

街角で気楽に身近に楽しむイベント

「神楽坂まち舞台大江戸めぐり」が開催されました

CIMG1170.JPG
             「神楽坂まち舞台大江戸めぐり2017」
        前夜祭11月11日15:00~本祭11月12日11:30~



なかでも今年いちばん注目した演目は 

CIMG1194.JPG
CIMG1274.JPG

手妻(てづま)という

奈良時代の散楽を起源とし江戸時代に発展したニッポン古来の奇術(マジック)です☆

CIMG1281.JPGCIMG1257.JPG
CIMG1246.JPGCIMG1253.JPG

手妻、その語源は

手の速さ稲妻のごとし から来ているそうで

CIMG1190.JPG

ニッポンの伝統的な衣装・所作・形式美を備えた
稲妻のように目にも止まらぬ早業、江戸マジック「手妻」 の街角ライブに


道ゆく人もおもわず目を止め足を止め魅了されていました

CIMG1270.JPG
           手妻 Japanese classical magic “Tezuma”/藤山大樹 Fujiyama Taiju



さて、大江戸めぐり恒例のスタンプラリー
神楽坂の名所・旧跡7か所をめぐったら貰える、お土産は

神楽坂の黒塀横丁に棲む四姉妹(ツネ・ねね・かよ・こうめ)の手ぬぐいでした~♪

CIMG1307.JPG 
     
nice!(35)  コメント(8) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -
はっぱ.gif